勢古浩爾

(読書)
せここうじ

評論家(1947-)。大学時代に1年間、ヨーロッパ滞在の経験を持つ。
卒業後、洋書の販売会社に就職し、在籍時の経験を生かして評論活動に勤しんでいる。
著書「目にあまる英語バカ」で自らも英語を勉強してきた人間だったが、本質を見失った英語バカになったことを
反省しているという。英語はもう二度と話すまいと公言している。

著書

  • 『中島みゆき・あらかじめ喪われた愛』
  • 『自分をつくるための読書術』
  • 『こういう男になりたい』
  • 『まれに見るバカ』
  • 『ぶざまな人生』
  • 『この俗物が!』
  • 『「自分の力」を信じる思想』
  • 『おやじ論』
  • 『自分様と馬の骨』
  • 『思想なんかいらない生活』(2004年)
  • 「目にあまる英語バカ」
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ