千島学説

(サイエンス)
ちしまがくせつ

千島喜久男が唱えた医学説。
千島学説の8大原理

  • 第1原理:赤血球分化説 (1932年) 赤血球は凡ての体細胞の母体である
  • 第2原理:組織の可逆的分化説 (1954年) 飢餓・断食時には体細胞から赤血球へ逆戻りする
  • 第3原理:バクテリア・ウイルスの自然発生説 (1954年) バクテリア・ウイルスは一定条件下で自然発生する
  • 第4原理:細胞新生説 (1950年) 細胞は分裂増殖しない。6つの形態で新生する
  • 第5原理:腸造血説 (1954年) 骨髄造血説は誤り。造血器官は小腸の絨毛である
  • 第6原理:遺伝学の盲点 (1932年) 生殖細胞は赤血球から。遺伝は環境を重視
  • 第7原理:進化論の盲点 (1956年) 弱肉強食思想は行き過ぎ。進化の基盤は共存共栄である
  • 第8原理:生命弁証法 (1959年) 生命現象を正しく観察するための科学方法論


事実とすれば現代医学を根底から覆すほどの超理論ながら、最新の第8原理でさえ50年近く経過してなお一切の証明を見ないことが、本説の意味を物語る。

→千島喜久男

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ