血液

(サイエンス)
けつえき

血液は体重のおよそ8%程度で,そのうち約45%赤血球・白血球・血小板などの有形成分で,残りが無形成分の血漿である。
血漿の約90%は水で,それに蛋白質,糖質,脂質,電解質,無機質,酵素,ビタミン,ホルモンなどが溶解している。

主な役割

  1. 免疫機能
  2. 酸素、二酸化炭素の運搬
  3. ホルモンの運搬(全身の情報伝達)
  4. 糖、脂質、アミノ酸、蛋白質等のエネルギー源の運搬

種類

  1. 赤血球
  2. 白血球
  3. 血小板

成分

  1. アルブミン
  2. グロブリン
  3. コレステロール
  4. ヘモグロビン
  5. ヘマトクリット値
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ