千葉県立中央博物館

千葉県立中央博物館

(一般)
ちばけんりつちゅうおうはくぶつか

[中央博]とよばれ親しまれている千葉県最大の自然誌博物館。
初代館長は、生態学方法論で有名な故沼田真
総合博物館としてだけでなく、生態園を併設し実際に触れて楽しめるようになっている。一方、県立としては国内最大規模の研究機関でもあり、数多くの優秀な研究員を擁している。そんな研究員のの生の解説が聞けるイベントが毎週のように行われており、目玉の一つともなっている。
分館に海の博物館があり、当初の企画にあった山の博物館は県の財政難のため実現していない。

新着ブログ: 千葉県立中央博物館