号外

(読書)
ごうがい

 国木田独歩の作。初出:明治39年8月「新古文林」
 独歩は「盛夏のころ、蚊帳の中に机を持ち込み、家族すべてしりぞけ、片手に盃を持ちながら、酒に乗じて書きぬ」と、この作品の成立について語っている。
 「牛肉と馬鈴薯」と同じように、ホールでの談話形式で書かれており、作品は短いながらも、完成度などの点で独歩の一つの代表的作品とされる。
 

運命論者・号外 (1967年) (旺文社文庫)

運命論者・号外 (1967年) (旺文社文庫)

号外/少年の悲哀―他六篇 (岩波文庫 緑 19-4)

号外/少年の悲哀―他六篇 (岩波文庫 緑 19-4)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ