同潤会

(一般)
どうじゅんかい

財団法人。旧内務省社会局の外郭団体。昭和16年に住宅営団に改称。
 関東大震災後の住宅復興を目的に、震災の義捐金をもとに設立された、我が国最初の公的な住宅供給機関。
 関東大震災後の大正15年から昭和9年までの間に16カ所、2200戸余りが建設されたアパートを同潤会アパートと呼んだ。
 現存するアパートはわずかだが、建築学的価値から保存の機運が高まっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ