嗅ぎタバコ

(一般)
かぎたばこ

 文字通り、鼻で嗅ぐタバコ。
 ごく少量の粉状のタバコを、鼻奥にとどめるように鼻の穴に吸い込み、その後鼻をつまんで粘膜に擦り込み、香りを楽しむ。
 紙巻タバコや葉巻タバコのように、迷惑な煙を出さないこと、燃やさないために有害なタールを発しないことなどがメリットだが、依存性のある成分「ニコチン」を含有しているうえ(ないものもある)喉頭がんになりやすくなるなど、健康へのリスクは他のタバコ同様。

 主な生産場所はイギリス(ウィルソン社)やドイツ(ポッシェル社)など。

 扱っている店は少ないが、インターネット上で通販をしているところも多数ある。

 スナッフとも。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ