国之常立神

(一般)
くにのとこたちのかみ

日本神話に登場する神。「古事記」では天地開闢の際に出現した神で、神世七代の最初に現れた神である。別天津神の最後の天之常立神と対を為し、独神(性別のない神)であり、姿を現さなかったと記される。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ