Hatena Blog Tags

国之常立神

(一般)
くにのとこたちのかみ

日本神話に登場する神。「古事記」では天地開闢の際に出現した神で、神世七代の最初に現れた神である。別天津神の最後の天之常立神と対を為し、独神(性別のない神)であり、姿を現さなかったと記される。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

神々の動きを理解すると、國體護持は、「国常立尊」であり、八咫烏との関係で出来上がっている仕組みと言える。

神々の動きを理解すると、國體護持は、「国常立尊」であり、八咫烏との関係で出来上がっている仕組みと言える。 企業育成資金を渡すということは、國體護持の仕事である。 企業育成資金についての活用件数を増やすためには、日本の神々について考えるべきだろうという直感がありましたので、八咫烏の話を書いていましたが、突然、「神の選択」という感覚が見え 「洗濯」ということが浮かびました。この洗濯という文字をみて、これは、「日月神示」にあった「洗濯」という予言の話をすぐに連想しました。つまり、予言書に書いている洗濯という内容については、「三千世界の大洗濯と大峠」ということを思い出しました。 詳細についてはネット上…