地侍

(一般)
じざむらい

侍身分の一種。室町時代中期から安土桃山時代にかけて見られた。名主などの有力な農民が守護大名や在地の国人領主などと主従関係を結んで侍身分を獲得した生まれた。村落に住みながら村落の指導者として生活していた。桃山時代の兵農分離後は農民身分に戻る者も多かった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ