Hatena Blog Tags

大伴家持

(一般)
おおとものやかもち

奈良時代の公卿・歌人。三十六歌仙の一人。
父は大納言大伴旅人、母は大伴郎女。弟には大伴書持がいる。叔母は大伴坂上郎女で、その娘が家持の正妻であり従妹でもある大伴坂上大嬢。
養老二(718)年頃生、延暦四(785)年没。
天平年間は内舎人として聖武天皇に近侍して作歌。天平十八(746)年からは越中守となって赴任した先で、数々の作品を残した。『万葉集』の編纂にも大きな役割を果たしたとされる。
その一方で、古代豪族大伴氏の首長として、衰えつつある一族の復権と団結を目指した。越中守からの帰任後は、藤原仲麻呂(恵美押勝)を排除しようとして失敗、天平宝字七(763)年に薩摩守へと左遷。宝亀十一(780)年に参議、翌年には従三位となるが、延暦元(782)年には氷上川継の変に連坐して解官。許されてから中納言に登り、征東将軍在任中に没したが、死後、藤原種継暗殺事件の首謀者とみなされ、除名。大同元(806)年に復位と、激動の人生を歩んだ。

かささぎの渡せる橋におく霜の白きを見れば夜ぞふけにける
(百人一首 006/新古今和歌集 巻第六 冬歌 620)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

かきつばた(杜若・燕子花)1  実は,まだ間近にカキツバタを見たことがありません.今年こそはどこかで--とは思つていますが.「アヤメ属のなかではもっとも古くから栽培された」「日本原産」とされるカキツバタ.アヤメ(花あやめ)と異なつて,万葉集,古今集でも詠われています.杜若衣(きぬ)に摺りつけますらをの着そひ猟(かり)する月はきにけり 大伴家持  か: からころも き: 着つつなれにし つ: つましあれば は: はるばる来ぬる た: たびをしぞ思う 在原業平 

5月はアヤメ,カキツバタの季節.といっても,カキツバタを近くで見たことのない私. Iris laevigata - Wikipedia ハナショウブを中心とした菖蒲園で見ることができるのでしょうか?多くは,より華やかなハナショウブ中心のようにも思いますが--- 実はまだ菖蒲園に行ったことがありません.今日思い立って鎌倉明月院の菖蒲園に言ってみたのですが,「6月に開園」とのこと. 明月院に限らずどこかの菖蒲園を訪れてみるつもりです. カキツバタは,「アヤメ属のなかではもっとも古くから栽培され、季語として親しまれ、家紋にも用いられている。江戸時代に園芸化が進み、多くの品種がつくりだされたが、現在は…