天野喜孝

(アート)
あまのよしたか

静岡出身の画家、デザイナー、装幀家。旧名:天野嘉孝。

略歴(代表作)

  • 1952年 3月26日生まれ。
  • 1967年 15歳でタツノコプロダクション入社。『タイムボカン』『みなしごハッチ』など携わる。
  • 1981年 イラスト・デビュー『トワイライト・ワールズ』をSFマガジンで連載開始。
  • 1982年 竜の子プロを退社し独立。「天プロダクション」を設立する。のち天野喜孝に改名。
  • 1983年 より4年連続星雲賞受賞。
  • 1985年 小説『グイン・サーガ』20〜56巻まで表紙カバー担当。1997年まで。
  • 1986年 小説『アルスラーン戦記』挿絵・装幀を担当。ロングセラーとなる。
  • 1987年 RPG『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザイン担当。名作シリーズ化。
  • 1993年 ビデオ『天野喜孝 〜華麗なる幻想美の世界〜』発売。のちDVD化。
  • 1996年 画集『天野喜孝 グイン・サーガ画集』発売。
  • 2001年 映画『陰陽師』の衣装デザインを担当。
  • 2005年 個展『マニエラ』を上野の森美術館で開催した。
  • 2007年 映画『ユメ十夜』の監督を担当。


ほか装幀家として、夢枕獏や菊地秀行らの小説の表紙、挿絵などを手懸ける。
アニメ界では、押井守監督『天使のたまご』に参加。
1990年代より活動の幅を拡げる。舞台美術や個展、画集の発売し、
さらにフランス、アメリカをはじめ海外でも作品を発表。

画風

 無国籍なアールヌーボー風とも見える衣装を身にまとい、ファンタジックワールドにたたず む少年達。研ぎ澄まされた内面にたぎる暗く深い未知の部分と強い意志を感じさせる、妖しく輝く眼。天野作品の両性具有的な美少年達の持つ独特の世紀末的な魅力は、その眼に凝縮されてい るといっても過言ではないかも知れません。
 天野は自らの作品についてこう語ります。「絵を描くという子は頭の中のイメージを映像化し、なんら かの形でこの次元に具現化することであって、この具現化の過程で自分自身でさえ意識していな かったものが見えてくるのです」「装幀の仕事を通して出逢った様々な作品世界、夢枕獏さん、菊地秀行さん、栗本薫さん、田中芳樹さんなどの作品は僕にとっても大きな刺激でした。作家の持つ イメージの世界を表現しながら、自分の個性も固まっていく。満足のいく自分だけの世界が創れていくという気がしました」
 追随を許さない独創の幻想空間をキャンバスに現出させる”天野ワールド”。繊細なタッチと緻密な構成で、観る者の内面に圧倒的な力で迫り、心を捉えて離しません。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ