学校群制度

(一般)
がっこうぐんせいど

学校間格差を無くして、全ての学校の学力を同等にすることを目的とした入試制度の一。
複数の学校が群れをつくって合格者を振り分ける。
過剰なまでの平等主義の象徴として悪名高く、日比谷高校に代表される名門校の地位低下を招いた。
現在ではほとんどの都道府県で廃止されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ