宅地建物取引主任者

宅地建物取引主任者

(一般)
たくちたてものとりひきしゅにんしゃ

かつてあった資格。
「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」の施行に伴い「宅地建物取引士」に改められた。

通称「宅建」で有名な、毎年10月中旬に試験が行われる、不動産取引に関する法律系国家資格。
宅地建物取引業者の業務を行うためには,事務所の従業員5名につき1名以上の割合で専任の宅地建物取引主任者の設置義務がある。
試験範囲は「民法等」「宅建業法」「法令上の制限」「その他関連知識」。全50問のマーク式4択で、試験時間は2時間。
不動産業者には事実上必須な資格なのだが、汎用性の高い人気資格ゆえに不動産業界以外の一般業界・金融業界・学生・主婦の合格者が多くを占め、本当にこの資格を必要としている人たちにとっては、仕事が忙しくなかなか学習時間が確保できないこともあり、合格できずに悲鳴を上げているのが現状である。
インターネット上では「初心者でも比較的容易に取得でき独学でも十分可能」「国家資格の中では比較的易しい部類」というイメージで語られることもあるが、実際には合格率が毎年約17%前後で推移し、合格に必要な標準学習時間が300時間と言われている難関である。これは1日あたりの学習時間が2時間ペースだと5ヶ月かかる計算になり、更には本試験での出題内容は民法の長文化など権利関係を中心に年々難化傾向が進んでいる。このように宅建は初学者が安易に独学で一発合格できるほど決して簡単な資格ではない。初学者が途中で挫折せずに一発で合格するには資格学校の宅建講座で春から10月の本試験まで6ヶ月程度の学習が近道。

新着ブログ: 宅地建物取引主任者