小田原評定

(一般)
おだわらひょうじょう

「長時間の会議をしても、いつまでたっても結論が出ない」ことを揶揄する言葉。豊臣秀吉の小田原城攻めの際、北条氏ならびに重臣が「講和するか」「篭城するか」いつまでたっても結論が出ず、結果的に北条氏の滅亡につながった故事に基づく。

  1. もともとは後北条氏の月2回の重臣会議を言った。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ