川上哲治

川上哲治

(スポーツ)
かわかみてつはる

戦前・戦後のプロ野球・読売ジャイアンツの選手・監督。
通称「打撃の神様」「赤バット」「テキサスの哲*1」。
左投左打、ポジションは一塁手。背番号は16→77。
1920年3月23日生まれ。熊本県球磨郡大村*2出身。
現役18年間の通算打率3割1分3厘。MVP3回。首位打者5回。

経歴

  • 熊本県立工業学校*3で投手として1934年・1937年に夏の甲子園に出場し、準優勝。また1936年、春の甲子園にも出場している。
  • 1936年、東京巨人軍に入団。打者に転向し、4番打者として戦前、戦後に渡り黄金時代を形成。プロ野球を支える。
  • 1958年、現役引退。ヘッドコーチに就任。
  • 1961年、読売ジャイアンツの監督に就任。
  • 1965年、背番号を16から77に変更、以後V9黄金時代を築く。同年、野球殿堂入り。
  • 1974年退団。背番号16番は永久欠番。退団後はNHKの野球解説者を務める。
  • 1994年、日本プロ野球OBクラブの初代会長に就任。
  • 2013年10月28日、死去。

*1:テキサスヒットをよく打っていたことから言われるようになった。

*2:現在の人吉市。

*3:現在の熊本工業高校。

ネットの話題: 川上哲治

人気

新着

新着ブログ: 川上哲治