後追い自殺

(一般)
あとおいじさつ

 崇拝する人、尊敬する人が亡くなった後に自ら命を絶つこと。ウェルテル効果
古くから「殉死」や「追い腹」という言葉がある通り、家臣が主君に殉ずることは珍しいことではなかった。
日本では1912年に明治天皇が崩御された際、乃木希典将軍が「義に殉ずる」として自殺したことが知られる。その後連鎖的に多くの人が明治天皇に殉じた。

最近の後追い自殺

  • 1986年 アイドル歌手の岡田有希子さんが自殺。その後2週間で30数名のファンが後追い自殺。
  • 1998年 元X JAPANのギタリスト・hideが自殺。ファン3名が後追い自殺。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ