徐栄

(社会)
じょえい

中国後漢の人物(? - 192年)。幽州玄菟郡の人。

董卓に仕えていた。中郎将に任命され、軍勢を率いて反董卓のために挙兵した曹操孫堅の軍を破った。

192年、董卓が王允に暗殺されると、そのまま王允に従う。王允に反発した李傕郭艴の軍を迎撃するため、胡軫楊定と共に出陣したが、王允に反発を覚えていた胡軫らはそのまま李傕らに寝返り、徐栄は戦死してしまった。

これより前、公孫度遼東郡太守に推挙したこともある。

三国志演義』では、曹操を追い詰めたところ、援軍に来た夏侯惇に斬られている。

リスト::三国志関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ