復古神道

(一般)
ふっこしんとう

日本の江戸時代に国学者たちによって提唱された神道のこと。儒教や仏教などの影響を受ける以前の日本民族固有の精神に立ち返ろうという思想である。賀茂真淵や本居宣長らによって体系づけられ、平田篤胤や本田親徳らによって発展した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ