徳川御三家

(一般)
とくがわごさんけ

単に「御三家」とも。
江戸時代、将軍の親族として大名中最高の家格を誇った尾張家・紀伊家・水戸家のこと。
三家とも徳川家康の子息を初代とし、尾張家は9男徳川義直、紀伊家は10男徳川頼宣、水戸家は11男徳川頼房
徳川の名乗りを許され、将軍家に嗣子の無い場合、これを継承する権利を持っていた。
8代吉宗、14代家茂は、ともに紀伊家から出て将軍となっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ