必殺仕舞人

(テレビ)
ひっさつしまいにん

必殺仕事人 → 必殺仕舞人 → 新必殺仕事人

人気時代劇「必殺シリーズ」第16弾。『新必殺からくり人東海道五十三次殺し旅』以来続く、非主水シリーズの定番となっていた旅モノの復活である。

1981年(昭和56年)2月6日より5月1日まで全13回にわたって放送された。

前作『必殺仕事人』が全84回の長丁場であったことに加え、必殺人気をお茶の間に復興させたことから、製作スタッフが本作品に寄せる意欲は並々ではなかった。そのためか、第1話は野上龍雄、工藤栄一コンビによる手堅い設定作りがなされており、その後は吉田剛石森史郎らが設定を受け継ぎ作品を仕上げている。

本作品の特徴として、ストーリー全般に「女の恨み晴らし」が縦糸として設けられている。駆け込み寺の総本山である鎌倉・本然寺の依頼を受けた仕舞人・坂東京山一行は、全国各地にある駆け込み寺の尼僧とコンタクトを取り、弱い立場である女性たちの恨みを晴らすために行動するのである。

尚、坂東京山は先の必殺仕事人スペシャル『特別編 必殺仕事人「恐怖の大仕事」水戸・尾張・紀伊』でゲスト出演しており、藤田まこと扮する中村主水とも共演している。

企画段階のタイトルは「必殺くれない人」「京山殺し旅」。

第1話には『斬り抜ける』の楢井俊平と、『必殺仕業人』の赤井剣之介こと真野森之助の手配書が一瞬だが登場しているなど、遊び心を窺わせる。

本作品で作られた劇判は、後の非主水シリーズやテレビ東京系時代劇『付き馬屋おえん事件帳』を中心に大量に流用されている。

ナレーション、あらすじ、スタッフ、キャスト、登場人物紹介、各話タイトル

ナレーション

箱根八里は馬でも越すが

越すに越されぬこの世の峠

西が曇れば涙雨

東が曇ればうらみ雨

どうせこの世は生き地獄

かわって晴らそう女の涙

この世の苦しみ仕舞人

(作:工藤栄一、山内久司/語り:中条きよし

内容

その昔、凄腕の女殺し屋”お京”として裏の世界を鳴らした坂東京山(京マチ子)だったが、今では殺しの道を引退し、諸国民謡手踊り一座の座長として、江戸で人気を博していた。

ある日、あまりに過激な演目から風俗紊乱、淫乱淫靡の罪により、奉行所の沙汰があるまで休業のお咎めを受けた京山は、自分達を監視するある尼僧の姿に気付く。

その尼僧・春海尼(宮田圭子)は、鎌倉にある駆け込み寺、本然寺からの使者であった。本然寺は寺社奉行管轄の駆け込み寺の総本山であり、弱い立場の女性の駆け込みが後を絶たなかった。

本然寺の最高位である老師・善行尼(原泉)と5年ぶりに再会した京山は、日本諸国を廻り本然寺本堂修復工事の勧進興行を打って欲しいと依頼をされるが、京山は善行尼の本心を看破。それは勧進興行を名目にした、全国殺し旅の依頼であった。その背景には、全国124ヶ所にある末寺の駆け込み寺に、救いを求めて駆け込む女の数は増えこそすれ、減ることはないという、女性が虐げられている悲しい現実があったからである。

「阿修羅の怒りと弥陀の慈悲。裏と表が結ばれてこそ、誠の往生をば仕らん。」

5年前、人の命を奪う修羅の道から抜け出し、芸の道に戻った京山であったが、今回の依頼に乗り気ではなかった。とりあえず、善行尼に言われるまま佐渡へ向かう京山一座一行。途中、国定忠治に足蹴にされていた渡世人崩れの直次郎(本田博太郎)を加えて越後の枕崎へ着いた京山は、駆け込み寺である長国寺へ。そこにいる晋松(高橋悦史)に出会うが、彼もまた本然寺が依頼した殺し屋の一人であった。

晋松は自分が愛した女・おこう(田島令子)が殺されたことが原因で、佐渡へ渡ることにトラウマを感じており、殺しの依頼を断るのであった。仕方なく、佐渡へ渡った京山は、佐渡の駆け込み寺である椀葉寺の尼僧・春草尼(新海なつ)に、今回の依頼の概要を聞かされ、依頼を受けるよう懇願されるが、それでもまだ心は決まらなかった。

佐渡奉行所へ興行の認可を受けに行った京山は、そこで意外な人物と出会う。15年前、芸者をしていた頃の京山の恋人、内田春之介(戸浦六宏)であった。今では戸塚修理と名を変え、佐渡奉行所の与力にまで出世しているが、その昔、自分の出世のために京山を陥れた極悪人であり、結果京山は他の侍に陵辱され、春之介との間に生まれたばかりの我が娘すら死に追いやられてしまったのだ。

やがて、晋松の愛した女であるおこうを死に追いやったのも戸塚修理であったことが判明し、京山と晋松は殺しの道に復帰。2人がかりで戸塚修理を仕置する。

偶然殺しを目撃してしまった直次郎であったが、京山の機転により殺し屋の仲間に入ることになる。

ここに、仕舞人一座の殺し旅が始まるのであった。

続編に『新必殺仕舞人』がある。

スタッフ

プロデューサー 山内久司(朝日放送) 仲川利久(朝日放送) 桜井洋三(松竹)
音楽 平尾昌晃
主題歌 「風の旅人」作詞:山口洋子/作曲:平尾昌晃/編曲:竜崎孝路/歌:本田博太郎 CBSソニー
ナレーション 中条きよし
題字 糸見渓南
撮影 石原興 藤原三郎 都築雅人
照明 中島利男 林利夫
編集 園井弘一
助監督 都築一興 津島勝 水野純一郎

キャスト

坂東京山 京マチ子
直次郎 本田博太郎
おはな 西崎みどり
善行尼 原泉
春海尼 宮田圭子
晋松 高橋悦史

登場キャラクター

坂東京山(京マチ子)
諸国民謡手踊一座の座長として、座員の娘たちの師匠であり、そして母親代わりとして優しく、時には厳しく接するが、座員たちからの信望は大変厚い。しかしその昔、裏稼業の世界では名だたる殺し屋であったことを知る人間は、座員の中には誰一人としていない。裏稼業から足を洗い、芸者をしていた京山は、当時付き合っていた旗本の次男坊・内田春之介に騙され、他人に強姦された挙句、赤ん坊だった我が子の命まで奪われたという大変悲しい過去を持つ。世間に失望した京山は、駆け込み寺である鎌倉・本然寺へと向かい、仏門に下り、善行尼と知り合うこととなった。どれだけ経を読み、俗世から自らを断ち切ろうとしても、我が子を失ったショックは大きく、それを人殺しである自分に科せられた業であると悟った京山は、再び俗世へ戻り、民謡手踊一座を旗揚げしたのだった。ところが、善行尼の非合法的な女性救済計画のため、一座と共に佐渡へ向かった京山は、自分を騙し裏切った憎い男・内田春之介に再会するのだった。依頼を引き受け、内田春之介を仕置し過去と決別した京山は、次なる仕置のため、一座の娘たちと北は北海道、南は九州・沖縄まで各地を旅するのであった。得物はかんざし。口に銜えて悪人を撃退に向かうのだが、その際相手に隙を与えるための格闘術として、合気道を用いる。合気道で床などに叩き伏せた後、首の急所へ一突き。大変かっこいい殺し技である。
直次郎(本田博太郎)
京山一向が佐渡へ向かう途中の小さな宿場で出会った若者。ヤクザに憧れているのか、宿場に国定忠治が通りがかったときにも必死に子分入りを志願したが、取り巻きのヤクザにボコボコにされて相手にされなかった。男手が必要だった京山一向が、成行きで一座に拾ったのだが、これが大変いい加減で、「佐渡で5年人足をしていた」とか「大坂で5年車引きをしていた」など、口から出てくる言葉に信憑性があるのかないのか分からない男だ。しかし、自分を拾ってくれた京山に恩義はあるようで、何かと京山のことを心配し、やがて母と慕うようになる。偶然、京山の裏の顔を知ってしまったのだが、どこかで居合いを習得していたことから、本来ならば殺されるところを、京山の口添えで仕舞人チームに加えることとなった。初めて人を殺したときは、ショックのあまり嘔吐していたほどであったが、やがて度胸が据わった殺し屋へと成長していく。得物は長ドス。相手が侍であっても、刀を交えることなく、一瞬の踏み込みで相手の胴を斬り抜ける。
おはな(西崎みどり)
一座のマスコット的存在であったが、山形での仕事の時に京山の仕置の瞬間を目撃してしまう。裏稼業の掟により、晋松はおはなを殺そうとするのだが、京山も情に流されたのか、おはなの命を救うよう懇願し、以降密偵として活動することとなった。
善行尼(原泉)
駆け込み寺である鎌倉・本然寺を束ねる老僧。高齢な尼僧であり、全国に124ある駆け込み寺の総本山の最高位であることから、小柄な身ながらも威厳と貫禄がある。また、寺社奉行を動かすことが出来るだけの権力も持つ。京山とは古くからの付き合いであり、京山がその昔、殺しに手を染めていたことも知っていた。全国の駆け込み寺へ、か弱い女が逃げ込み、その数が一向に減らないことを懸念したこの老僧は、とんでもないことを思いつく。虐げられたか弱い女たちの恨みを、誰にも知られずひっそりと晴らすべく、殺し屋を招聘し、恨みを晴らしてもらおうと考え付いたのだ。そして、その実行部隊に選ばれたのが、坂東京山であったのだ。持ちかけられた仕事を渋る京山に対し、佐渡へ行くように命じるのだが、そこには京山の心を、そして晋松の心をえぐるような辛い過去が待ち受けていたのだった。京山と晋松、両者の過去に色濃く残る罪深い男を最初の仕事の標的にし、殺しの道に復帰させようとしたのだから、相当したたかな性格であると言えよう。
春海尼(宮田圭子)
善行尼の使い。
晋松(高橋悦史)
元は京山と同じ裏稼業の人間。ある仕事をしくじり、ほとぼりが冷めるまで佐渡で身を隠していたのだが、身を隠していた佐渡の居酒屋で、女将のおこうと惚れ合い、幸せな家庭を築いていた。ところが、内田春之介によっておこうをなぶり殺しにされたため、傷心が原因で裏稼業からは足を洗っていた。しかし京山と出会い、共通の敵を目の前にし、晋松は再び裏稼業へと手を染めるのだった。初登場でとてもストイックな性格付けがなされていたにも関わらず、2話以降は女に目がないプレイボーイ的な軽いキャラクターとなってしまったのは、どうも理解がしがたい(地味な作品を少しでも華やかにするためか?)。最終回、死の淵に立たされながらも必死で生き抜こうとする姿が何とも男らしい。得物は鋼が入った紐。これを投げつけ、相手の首に巻きつかせ、鋼の部分を引き抜くとあら不思議、鋼が刃物になっており、相手の頚動脈を切断し絶命させるのである。何とも難解な得物だ。なお、晋松の殺しについては様々な案があり、濡れた紅い和紙、サラシなど様々な候補があったが、現在のものに落ち着いた。

各話タイトル(全13話)

話数 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 恨みが呼んでる佐渡おけさ 野上龍雄 工藤栄一 戸浦六宏田島令子
2 さんさ時雨は涙雨 ‐仙台‐ 吉田剛 松野宏軌 森次晃嗣・高瀬春奈
3 織姫悲しや郡上節 -郡上八幡- 保利吉紀 原田雄一 早乙女愛
4 江差追分母娘の別れ -北海道・江差- 筒井ともみ 原田雄一 仁和令子
5 津軽じょんがら嘆きのひと節 -青森- 長瀬未代子 松野宏軌 吉沢京子・久保にしき
6 花笠音頭は地獄で踊れ -山形- 石森史郎 都築一興 はしだのりひこ・高木二郎
7 丹後の宮津の嘆き唄 -京都・宮津- 吉田剛 松野宏軌 佐藤万理・須賀不二男
8 坊さんかんざし買うを見た -高知- 吉田剛 松野宏軌 藤木敬士
9 女泣かせた鹿児島おはら節 -鹿児島- 保利吉紀 黒田義之 赤座美代子亀石征一郎・田畑猛雄
10 身を投げ生きる安里屋ユンタ -琉球- 長瀬未代子 原田雄一 テレサ野田
11 秋田音頭は国盗り家老の冥土唄 -秋田- 林企太子 原田雄一 千野弘美・早川保・山村弘三
12 おちゃやれ節騙した男へ波しぶき -紀伊- 石森史郎 井上梅次 浜田晃・竹井みどり・片岡秀太郎
13 深川節唄って三途の川流れ -江戸- 石森史郎 井上梅次 二宮さよ子片桐竜次
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ