斉藤学

(スポーツ)
さいとうまなぶ

プロ野球選手。
右投右打、ポジションは投手。背番号は12→43→33番。


1963年8月12日生まれ。茨城県出身。
下妻第一高校から青山学院大学に進学。東都大学野球リーグ通算14勝を挙げる。
1986年、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。
4月20日の阪神タイガース戦で掛布雅之に死球を与え、選手生命を縮めた選手として知られる。

1987年、ウエスタンリーグの防御率1位。

1988年、10勝6敗でウエスタンリーグの最多勝を獲得。アンダースローの技巧派投手として知られた。


1990年、福岡ダイエーホークスに移籍。1991年、公式戦初勝利。また、3勝3Sを挙げた。

1993年にはウエスタンリーグで13勝を挙げ、2度目の最多勝となる。

1995年、一軍に復帰し、リリーフ投手として登板。

1996年には、投手交代の際に、斎藤貢と間違えられる事があった。

1997年、現役引退。打撃投手となる。

2000年、福岡ダイエーホークスの投手コーチに就任。2003年、一軍投手コーチ・ブルペン担当となる。


2005年、福岡ソフトバンクホークスの投手コーチ・ブルペン担当となる。

2007年、育成担当コーチに転任。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ