新日本海フェリー

(地理)
しんにほんかいふぇりー

新日本海フェリー株式会社は、大阪府大阪市に本社を置く日本の海運会社。SHKライングループの一社である。
1969年6月11日設立。
北海道(小樽・苫小牧)と本州(秋田・新潟・敦賀・舞鶴)を国内最大級のフェリーで結んでいる。

主たる事業内容

  1. 一般自動車・旅客の海上輸送
  2. 貨物の海上輸送並びに取扱業
  3. 自動車運送取扱業並びに自動車運送業、観光事業並びに損害保険代理業

沿革

1969年11月、新日本海フェリー株式会社設立。
1969年12月、小樽〜舞鶴間、一般旅客定期航路事業免許。
1970年8月、第1船「すずらん丸」就航(週2便)。
1971年7月、本社を大阪に移転、小樽本社を小樽本店と改称。
1972年5月、第2船「フェリーはまなす」就航(週4便)。
1973年7月、第3船「フェリーあかしあ」就航(週6便)。
1974年5月、敦賀〜新潟〜小樽間、一般旅客定期航路事業免許。
1975年10月、東九フェリーより「フェリーとね」「フェリーてんりゅう」を買船し、それぞれ「フェリーしらゆり」「フェリーすずらん」に船名変更。
1977年5月、新潟〜小樽間直行通年運航認可(週3便)、舞鶴・敦賀〜小樽航路(週8便)。
1979年5月、「ニューすずらん」敦賀〜小樽間就航。
1979年7月、「ニューゆうかり」敦賀〜小樽間就航。
1980年2月、新潟〜小樽間増便(週6便)。
1984年7月、「フェリーらいらっく」舞鶴〜小樽間就航。
1987年3月、「ニューはまなす」新潟〜小樽間就航。
1987年4月、「ニューしらゆり」新潟〜小樽間就航。
1988年7月、「ニューあかしあ」舞鶴〜小樽間就航。
1991年9月、「フェリーらべんだあ」舞鶴〜小樽間就航、舞鶴・敦賀〜小樽航路(週10便)。
1994年4月、「フェリーあざれあ」新潟〜小樽間就航、新潟〜小樽航路(週9便)。
1994年7月、「フェリーしらかば」新潟〜小樽間就航。
1996年6月、「すずらん」「すいせん」敦賀〜小樽間就航。
1997年4月、大阪本社移転。
1999年6月、敦賀・新潟・秋田・苫小牧間、一般旅客定期航路事業免許。
1999年7月、敦賀〜新潟〜秋田〜苫小牧間就航。
2002年4月、「らいらっく」新潟〜小樽間就航。
2003年2月、「ゆうかり」新潟〜小樽間就航。
2004年7月、「はまなす」「あかしあ」舞鶴〜小樽間就航。
2012年6月、新造高速船「すずらん」敦賀〜苫小牧間就航。
2012年7月、新造高速船「すいせん」敦賀〜苫小牧間就航。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ