有栖川宮

(一般)
ありすがわのみや

宮家の一つ。
寛永2年(1625年)、後陽成天皇の第7皇子・好仁親王が高松宮を創設。
3代幸仁親王より「有栖川宮」となる。
1913年、威仁親王の臨終に際し、大正天皇が特旨をもって皇子宣仁に高松宮を与え、有栖川宮家の祭祀は受け継がれた。

幕末以降の当主

    家督期間 公職 実子
9代 熾仁親王 1835〜1895 8代幟仁親王   徳川貞子(徳川斉昭女) 陸軍大将  
10代 威仁親王 1862〜1913 8代幟仁親王   前田慰子(前田慶寧女)   栽仁王
徳川實枝子

旧有栖川宮は現在、有栖川宮記念公園となっている。

偽宮家詐欺事件

平成15年(2003年)10月21日、有栖川識仁*1こと北野康行容疑者が詐欺容疑で逮捕された。

*1:高松宮宣仁親王のご落胤を自称

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ