桂三枝

桂三枝

(アート)
かつらさんし

かつら・さんし(1943-) 落語家
本名・河村静也
桂小文枝(後の桂文枝)一門.「創作落語の会」会長、上方落語協会第6代会長(2003年7月23日〜任期は2006年3月末まで)
今でこそ弟子や後輩芸人中心に「(三枝)師匠」と呼ばれるが、若かりし頃は「サニー」「さんちゃん*1」と呼ばれていた。

  • 1943年7月16日大阪府堺市出身。1963年関西大学商学部に入学し、落語研究会を創設。在学中、小文枝に弟子入り。

多数のテレビ番組に出演しバラエティ番組の司会などタレント活動に活躍、その一方で数々の創作落語を発表し受賞多数。海外での公演など落語の普及に積極的に取り組んでいる。朝日新聞連載など執筆も多い。

  • 2003年7月23日、露の五郎会長の後任を決める選挙により上方落語協会第6代会長に選ばれた。
  • 2005年には母校である関西大学の客員教授にも就任。

「箱の中身はなんだろな?」や「あっち向いてホイ」も考案したとか。

  • 2012年7月、六代目「桂文枝」を襲名。

番組

  • 新婚さんいらっしゃい!(ABC)
  • 桂三枝の茶屋町ホテル(MBSラジオ)

過去の番組

等.

受賞歴

http://www.geinin.jp/prof/kt_sanshi.html

  • 2003年 平成15年度(第68回)芸術祭賞の演芸部門で大賞

* リストリスト::お笑い関連

*1:現在は明石家さんまの愛称

ネットの話題: 桂三枝

人気

新着

新着ブログ: 桂三枝