水谷準

(読書)
みずたにじゅん

小説家、編集者(1904年3月5日〜2001年3月20日)
本名:納谷三千男。
別名として山野三五郎、水谷道男、山野十鳥がある。

略歴

北海道函館市に生まれる。
久生十蘭、谷譲次は函館中学の先輩。
早稲田高等学院在学中には、地味井平造と同居していた。
「探偵趣味」の編集者を経て、1929年に「新青年」の第4代目編集長に就任、同誌を洗練されたメンズマガジンに変え、多数の探偵小説家を発掘、育成したとされる。
1937年に編集長を一時退くが、1939年6月号から第2次世界大戦終了まで編集長に復帰。
そのため、戦後は公職追放された。
1951年に「改造」に発表した「ある決闘」により翌年第5回探偵作家クラブ賞を受賞。
2001年に肺癌により死去。

代表作

恋人を喰べる話(1926年)
お・それ・みを(1927年)
カナカナ姫(1947年)
ある決闘(1951年)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ