永井荷風

(読書)
ながいかふう

作家、随筆家。1879年 (明治12年)小石川に官吏の子として生まれる。
1902年(明治35年)「地獄の花」を刊行。
その後外遊し、「あめりか物語」「ふらんす物語」「冷笑」を発表し名を上げる。
慶応義塾大学で教授を勤め雑誌「三田文学」を運営した。
作品に「腕くらべ」「墨東綺譚(ぼくとうきだん)」(「ぼく」はさんずいに墨)「踊子」「断腸亭日乗」など。
1959年(昭和34年)自宅で胃潰瘍の為死去。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ