江戸風鈴

(アート)
えどふうりん

ガラスでできた風鈴。東京の伝統工芸のひとつ。ガラス風鈴、ビードロ風鈴とも。
ガラスの切り口をギザギザにしてあるのが、良い音のする秘密。
文字通り江戸時代から作られているが、「江戸風鈴」という名前自体は、風鈴職人の篠原儀治氏によって昭和時代に作られた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ