源頼信

(社会)
みなもとのよりのぶ

安和元年11月29日(968年12月21日)〜永承3年4月17日(1048年6月1日)
日本の平安時代中期の武将。河内国を本拠地とする河内源氏の祖。源満仲の三男。
摂政関白の藤原道兼に、道兼の死後は藤原道長に仕え、諸国の受領や鎮守府将軍などを歴任した。また、河内国石川郡壺井(現在の大阪府羽曳野市壺井)に土着して香炉峰の館を建て本拠地とした。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ