滝川一益

(社会)
たきがわかずまさ

戦国武将。(1525年〜1586年)
織田四天王の一人。生まれは近江・甲賀だが早くから信長に仕えた。
銃の扱いも長けていたらしい。

伊勢攻略で多大な戦果を挙げた後は各地を転戦、最終的には関東管領として武田勝頼旧領のうち関東地方部分を任せられるほどとなった。*1
しかし、本能寺の変で信長が倒れると、その混乱を察知してか攻め寄せた北条氏政に敗北(神流川の戦い)、本領の伊勢長島に帰るまでに清州会議が決着してしまったため、それ以降の政治的立場を一挙に失ってしまった。

前田慶次は甥にあたるといわれている。

*1:本人はそれより信長秘蔵の茶器「珠光小茄子」を欲しがっていたが、叶わず

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ