漢委奴国王印

漢委奴国王印

(社会)
かんのわのなのこくおういん

日本の福岡県の志賀島で天明4年2月23日(1784年4月12日)に発見された金印。1世紀頃に後漢の光武帝から送られた金印だとされる。一世紀頃の中国人は倭人を「南蛮人」即ち「どこかに蛇のモチーフがある(目が蛇のようであるとか、蛇の鱗があるなど)南の人」と捉えられた*1そうなので、南蛮人を指す蛇の摘みが付いている。

*1:白川静『字統』

新着ブログ: 漢委奴国王印