特性方程式

(サイエンス)
とくせいほうていしき

微分方程式や数列漸化式を解くために使用する、その微分方程式や漸化式の特性を表す方程式。

微分方程式の特性方程式

実定数係数の線形同次2回微分方程式がay''+by'+cy=0という形になった時、ap^2+bp+c=0を特性方程式という。
この回によって一般解の形は異なり、

  • pが異なる2実数解r,sのとき

一般解はy=Ae^rx+Be^sx(A,Bは積分定数、以下同)

  • pが重解rのとき

一般解はy=(A+Bx)e^rx

  • pが互いに共役な2つの虚数解p+ri,p-riのとき

一般解はy=e^px(Asin(rx)+Bcos(rx))
となる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ