王になろうとした男

(読書)
おうになろうとしたおとこ

伊東潤による小説作品。
織田信長に仕えた毛利新助、塙直政、荒木村重、津田信澄、彌介という5人の人生を描いた短編集。
第150回直木賞候補作。

王になろうとした男

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ