異国船打払令

異国船打払令

(社会)
いこくせんうちはらいれい

日本の江戸幕府が1825年(文政8年)に発した外国船追放令のこと。フェートン号事件などが発生したことに対し、出されたものだった。1842年(天保13年)に廃止された。

新着ブログ: 異国船打払令