神世七代

(一般)
かみよななよ

天地創造の時、別天神に続いて出現した七世代の神々。(*神代七代とも)

古事記(7代12神)

【独り神・・一神で一代】
1. 國之常立神(くにのとこたちのかみ)
2. 豊雲野神(とよくむぬのかみ)
【二神で一代】
3. 宇比地邇神(うひぢにのかみ)・須比智邇神(すひぢにのかみ)
4. 角杙神(つのぐひのかみ)・活杙神(いくぐひのかみ)
5. 意富斗能地神(おほとのぢのかみ)・大斗乃弁神(おほとのべのかみ)
6. 淤母陀琉神(おもだるのかみ)・阿夜詞志古泥神(あやかしこぢのかみ)
7. 伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)

『上巻〜冒頭』
次、成神名、「國之常立神」。次、「豊雲野神」。
此二柱神、亦獨神、成坐而、隱身也。 
次、成神名、「宇比地邇神」、次、「妹須比智邇神」。
次、「角杙神」、次、妹、「活杙神」。
次、「意富斗能地神」、次、妹、「大斗乃辨神」。
次、「淤母陀流神」、次、妹、「阿夜訶志古泥神」。
次、「伊邪那岐神」、次、妹、「伊邪那美神」。
上件、自「國之常立神」以下、「伊邪那美神」以前、并稱「神世七代」
上二柱、獨神、各云一代。次、雙十神、各合二神、云一代也。

日本書紀(7代11神)

  • 國常立尊
  • 國狹槌尊
  • 豊斟渟尊
  • 泥土煮尊・沙土煮尊
  • 大戸之道尊・大苫邊尊
  • 面足尊・惶根尊
  • 伊弉諾尊・伊弉冉尊

先代旧事本紀

  • 天御中主尊・可美葦芽彦舊尊
  • 國常立尊・豊國主尊・天八下尊
  • 角杙尊・活杙尊・天三降尊
  • 泥土煮尊・沙土煮尊・天合尊
  • 大苫彦尊・大苫邊尊・天八百日尊
  • 青橿城根尊・吾屋橿城根尊・天八十萬魂尊
  • 伊弉諾尊・伊弉冉尊・高皇産霊尊
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ