第七藝術劇場

(映画)
だいななげいじゅつげきじょう

http://www.nanagei.com/about.html

「ナナゲイ」の愛称で知られていた第七藝術劇場は、1999年5月末より休館していましたが、今年2002年7月、地元の方々の熱いご支援を受けて再オープンいたしました。関西でミニシアターが次々と閉館に追い込まれる中での再出発でした。
再オープンして約半年。劇場スタッフは毎日をバタバタと過ごしています。決して順風満帆とは言えない状況ですが、地元の方々のお力添えや、お客様の「ありがとう」の温かいお言葉に支えられて、スタッフ一同、頑張ってます!

ところで、みなさまは「第七藝術」という言葉をご存知ですか?
名づけ親はイタリアのR・カニュード(1879〜1923)。映画はその最初期、大衆娯楽でしかなく、「芸術」としては認められていなかったのです。そこで彼は、音楽・舞踏・文学という「時間の芸術」と、建築・絵画・彫刻の「空間の芸術」をつなぐ「第7番目の芸術」として、“映画”を定義づけたのです。
つまり、「第七藝術」は「映画」のことなのです。この言葉を冠したナナゲイでは、これからも良質の作品を上映できるよう、またお客さまに上映作品を心から楽しんでもらえるような温かいサービスを提供できるよう、スタッフは一丸となって前進します!
ぜひナナゲイへお越し下さい。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
第七藝術劇場スタッフ一同

  • 追記
    • 2005年9月17日休館
    • 2005年12月17日再開
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ