胎盤

胎盤

(サイエンス)
たいばん

胎盤は、哺乳動物がその子宮の中で胎児を育てるのに、臨時に製造される胎児の代用臓器。
胎児は、羊水の中で胎盤から臍帯を通じて運ばれる多種多様な物質のお陰で、細胞分裂を猛烈なスピードで繰り返し、人間としてのかたちを形成している。
いざ出産というイベントを迎えるが、それまで胎盤は、肺、腎臓、肝臓、内分泌器官など、胎児の臓器の代行運転を行っている。

胎盤は以下のような増殖因子を持つことが確認されている。

  • 肝実質細胞の増殖 痛んだ肝臓の修復
  • 神経細胞(知覚・交感神経節細胞)の増殖 
  • 上皮細胞増殖因子 皮膚、肺、角膜気管上皮細胞 の増殖 
  • 線維芽細胞増殖因子 ヒト線維芽細胞、グリア細胞、血管内皮細胞の増殖 
  • コロニー形成刺激因子 顆粒球、マクロファジ等の幹細胞の増殖 
  • インシュリン様成長因子 軟骨細胞平滑筋細胞増殖
  • 形質転換増殖因子 非形質転換細胞を可逆的に形質転換細胞に変換(α・β・γ2)
  • 免疫担当細胞(T・B・NK細胞)、胸腺細胞の増殖、リンホカインの産生促進
  • T細胞(ヘルパーT・キラーT・サプレッサーT細胞)の増殖
  • 造血幹細胞肥満細胞の増殖


B細胞の増殖及び抗体産生細胞への分化促進

ネットの話題: 胎盤

人気

新着

新着ブログ: 胎盤