帝王切開

帝王切開

(一般)
ていおうせっかい

開腹手術による出産。
現在では自然分娩を勧める病院が多いが、多胎や合併症の場合は帝王切開術を勧められることが多い。事前に計画を立て、検査等を済ませて望めば危険はあまりない。

語源

語源については諸説があるが、ローマ皇帝ユリウス・カエサルが帝王切開により生まれたという古代からの伝説(事実ではない)を引くものが多い。日本語へはドイツ語の Kaiserschnitt から直訳されたものであり、この翻訳自体は間違っていない。

ネットの話題: 帝王切開

人気

新着

新着ブログ: 帝王切開