荒川博

荒川博

(スポーツ)
あらかわひろし

プロ野球選手・指導者。野球評論家。旧名「博久*1」。
ただし、通称「荒川コーチ」として、もっとも有名。
左投左打、ポジションは外野手。背番号は22→6番。
1930年8月6日、生まれ。2016年12月4日、死去。
東京都台東区出身。日本ティーボール協会副会長。合気道六段。養子は荒川尭
早稲田実業学校から早稲田大学を経て1953年、毎日オリオンズ(後の毎日大映オリオンズ)に入団。
巧打者として活躍。後輩の榎本喜八を入団させ、球界屈指の打者に育てる。*2
1959年、代打としてミサイル打線を担う。
1961年、現役引退。
1962年、読売ジャイアンツの打撃コーチに就任。成績不振の後輩、王貞治に一本足打法を指導した。*3
1973年、ヤクルトアトムズのコーチに就任。
1974年、ヤクルトスワローズの初代監督に昇格。
1976年5月12日、成績不振の責任をとり辞任。後任を自ら招聘した広岡達朗に。
退団後はフジテレビ日本テレビの野球解説者を務めた。「荒川道場」を主宰し、少年野球の指導者としても活動していた。

*1:1955年〜1956年

*2:榎本は「俺と一緒に来い」の一言でテストを受け、入団。

*3:王貞治を少年時代に見出して母校の早稲田実業学校への進学を薦めたことでも知られる。

新着ブログ: 荒川博