記号論

(一般)
きごうろん

【semiotics】 「セミオティックス

概略

 言語学者ソシュールが唱えた言語論。シニフィエ(所記:「意味されるもの」)、シニフィアン(能記:「意味するもの」)をキーワードとして、広汎な論理を展開した。
日本では、1980年代中期、当時京都大学助手だった浅田彰がこの理屈をひろめて有名になった。

言語学用語

意味論語彙論語用論形態論統語論

関連用語

意味記号サインセンス文法

参照

記号学」、「セミオロジー(semiology)」
リスト:リスト::言語学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ