スマートフォン用の表示で見る

浅田彰

読書

浅田彰

あさだあきら

1957年神戸市生まれ。社会思想史専攻。経済学者

京都大学人文科学研究所の助手時代の1983年に出版した『構造と力』が難解な哲学書でもあるにもかかわずベストセラーとなり、社会現象となった。また知名度や活動歴の長さのわりには著作が少なく、単著は数冊しかない。その代わりに雑誌編集やシンポジウムの司会といった仕事にかかわることが多い。

1989年より京大経済学研究所助教授准教授)を務めていたが、2008年に京大を退職、京都造形芸術大学教授および大学院長に就任した。

はてなダイアリーを含むWeb上でのコミュニケーションに関しては次のように言及している。第二十九回「続・憂国呆談」番外編Webスペシャル


主著