貧乏ゆすり

貧乏ゆすり

(一般)
びんぼうゆすり

脳の種々のイライラ(不満、焦燥、怒り、怯え等)を抑えるために、足を小刻みに震わせることによって、脳に心地よい振動を与え、イライラから一時的に逃れようとする行動・運動。
しかしこれによって、周りがイライラすることを当人は自覚していないため、しばしば『悪癖』として周囲からは忌み嫌われる。

ネットの話題: 貧乏ゆすり

人気

新着

新着ブログ: 貧乏ゆすり