通勤特快

(一般)
つうきんとっかい

[英語表記] Commuter Special Rapid
通勤特快は、JRにおける列車種別の1つで、「通勤特別快速」の略。その名の通り、通勤時間帯に運転される特別快速である。
中央線(中央快速線)平日の上りのみ設定されている列車で、停車駅も大月駅方面から高尾駅までの各駅と、八王子駅、立川駅、国分寺駅、新宿駅、四ツ谷駅、御茶ノ水駅、神田駅、東京駅だけ停車で、中央特快が停車する豊田駅や日野駅、三鷹駅、中野駅も通過する。(もっと昔は国分寺も通過していた。)青梅線からの直通列車は青梅線内は各駅に止まる。大月駅ではあまり混んではいない、高尾駅でやや人が乗ってくる、八王子駅では八高線、横浜線からの客が大量に流れ込んでくる、次の立川駅ではもともと利用者が多い上に青梅線からも乗換客がそこそこ流れてくる、国分寺駅では西武国分寺線、多摩湖線から相当な客が流れてきて、国分寺駅の時点では混雑率が180%くらい。初めて乗る人や通勤通学になれてない人はかなりキツイだろう。車両は豊田車両センターのE233系0番台で基本的に10両編成だが、富士急行線や八高線からの直通列車はホーム有効長の関係で6+4の分割編成が使用される。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ