Hatena Blog Tags

IMF

(社会)
あいえむえふ

IMF

(映画)
あいえむえふ

IMF

(一般)
あいえむえふ

→国際金属労働組合連盟

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

国連ルールについて、育成資金(償還金)のルールもこれからいつまで続くかわからない。世界はデジタル化による量子コンピューターよる資金監視をする流れになる。

国連ルールについて、育成資金(償還金)のルールもこれからいつまで続くかわからない。世界はデジタル化による量子コンピューターよる資金監視をする流れになる。 歴史的資産における償還プログラムについての解説、これは、国連におけるプログラムの正式名称になります。日本では、企業育成資金、基幹産業育成資金、償還金、長期管理権委譲渡資金など、さまざまな名称で呼ばれていますが、この仕組みついては、 第一次世界大戦、第二次世界大戦における(戦争資産)を一つにまとめて歴史的資産という名称で呼んでいます。 ベルサイユ条約、ブレトンウッズ会議、国連、IMF、世界銀行(国際復興開発銀行)における条約、憲章のすべての資産…

歴史的資産から資金調達ができる仕組みをもつことが、国家の繁栄にとって重要なことである。

歴史的資産から資金調達ができる仕組みをもつことが、国家の繁栄にとって重要なことである。 歴史的資産は、第一世界大戦、第二次世界大戦における戦争資産であり、ベルサイユ条約(1919年)、ブレトンウッズ会議(1944年)、IMF,世界銀行、国連における条約、憲章に登録された資産ということになる。 これは、定義です。 その歴史的思案を各国の元所有者、現在の保管している保有者へ資金を分配する制度が、「歴史的資産の償還プログラム」という仕組みで国連規定の指示書に従って行われている。日本の企業育成資金の仕組みも、「歴史的資産の償還プログラム」の一つである。 さて、歴史的資産の活用方法についても、国連規定を…