abさんご

(読書)
えーびーさんご

黒田夏子の小説作品。文藝春秋より2013年1月20日に刊行。

全文横書き、かつ「固有名詞」「かぎかっこ」「カタカナ」を一切使わないという実験的小説。昭和の知的な家庭に生まれた幼子が、両親を見送るまでを描いた作品。

2012年、第24回早稲田文学新人賞を受賞。蓮實重彦は選評で『群を抜いて素晴らしかった』『誰もが親しんでいる書き方とはいくぶん異なっているというだけの理由でこれを読まずにすごせば、人は生きていることの意味の大半を見失いかねない』『ここには新人賞の当選作という以上の作家的な力量がこめられており、選者としては、そのことに「驚き」を超えた悦びと怖れをいだいた』と激賞した。

2013年1月16日、第148回芥川龍之介賞を受賞した。

書籍

abさんご

abさんご

abさんご

abさんご

早稲田文学5

早稲田文学5

  • 作者: 松田青子,川上未映子,蓮實重彦,黒田夏子,阿部和重,セース・ノーテボーム,タチヤーナ・トルスタヤ,ドン・デリーロ,アラン・ロブ=グリエ,プラープダー・ユン,田原,ヤマザキマリ
  • 出版社/メーカー: 早稲田文学会
  • 発売日: 2012/09/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 78回
  • この商品を含むブログ (17件) を見る

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ