ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

(株)Jコミックテラスの中の人 RSSフィード

2016-01-13

赤松健、これが究極の一手。・・・なぜ我々は「電子書籍版YouTube」を目指すか

前振り:【動画投稿サイトは、著作権侵害のコンテンツを掲載していても、なぜ罪に問われないの?】

f:id:KenAkamatsu:20150912125631j:image:w100:rightYouTubeやニコ動も「違法なアップロードの排除」には取り組んでいるのだと思うのですが、残念ながら私の作品のアニメ版やCDが、今もYouTubeにも大量にニコ動にもバンバン掲載されまくっているのが現実です。

・・・動画投稿サイトは、著作権侵害のコンテンツを掲載していても、なぜ罪に問われないのでしょうか?

それは、プロバイダ責任制限法があるからです。

この法律では、権利侵害の被害が発生した場合であっても、その事実を知らなければ、プロバイダは被害者に対して賠償責任を負わなくてもよいとしています。

YouTubeの規約にも、投稿する際はちゃんと「第三者の著作権により保護された マテリアルや、その他の第三者が財産的権利を有するマテリアルが含まれないことに同意」すると書いてありますね。現実は「そんなわけあるか」という感じもしますが、世界中で便利に利用され、今や正に「社会の公器」へと成長しています。

さて、いよいよ最終章です!

(1)新しくなった「マンガ図書館Z」の5つの秘密 〜悪魔を滅ぼす禁断の力〜

(2)求む傭兵! 海賊と闘う「ホワイト・リスト&インセンティブ作戦」とは?

(3)いよいよ発動、「日本の全マンガ蒐集計画」!

海賊版に対抗しながら、日本の全マンガを集めつつ、しかも作者に収益が発生する*1という、上手く行けば最強のシステムになりうる「日本の全マンガ蒐集計画」

その核となるのが、マンガ図書館Zの新型「作品データアップロード機能」でしたね。

(マンガ図書館Zはコチラ。 )

アップロードされてきたマンガZIPが「表紙1枚」だけ公開されますので、それに対して権利者が「公開OK」ボタンを押すと、全ページ公開される仕組みになっています。

f:id:KenAkamatsu:20160114103450p:image

ただしこの仕組み、大幅に改善しなくてはならないポイントが出てきました。

YouTubeやニコ動と変わらないくらい、とても簡単に権利者が公開許諾ができるがゆえに生じている、要改善なポイントです。

その要改善ポイントとは、”権利者が「公開OK」ボタンを押す”の部分。

f:id:KenAkamatsu:20160113034359p:image:w300

この権利者チェックの部分を、早急に何とかしなくてはいけません。

現実に、市川和彦先生・つるぎ基明(サケマス)先生・新井リュウジ先生など、作者ご本人が公開ボタンを押して頂いており、想定通りのアクションになってはいるのです。しかし、想定外に、第三者が公開許諾してしまう事案があったのです。


さて。その前に、そもそも何故このような「権利者から公開許諾が出て、そのまま公開が開始される」ようなシステムを開発したかをご説明いたしましょう。これは、今日まで(恐らく全マンガ家の中で最も)ネット海賊版に対抗してきた私の、「究極の一手」とも言えるシステムであります。

まずコチラをご覧下さい。これは私(赤松健)の作品の、ネット海賊版リンク集です。

あらかた全作品を読むことが出来るようになっており、しかも赤松には収益が一切入りません。

そこで私は、これら海賊版データを回収し、第三者にアップロードしてもらうことによって、作者の収益に繋げる実験を続けてまいりました。

そしていよいよ今回、YouTubeやニコニコ動画と同じく、

  • 「権利者」が、規約に同意した上で全ページ公開できるシステム

を取り入れました。

これは、YouTubeやニコニコ動画がすでに社会の公器になっていることを鑑み、

  • 彼らに先んじて、広告収益を100%作者に還元する「電子書籍版YouTube」システムを作り、海賊版や動画投稿サイトに対抗していこう

という意思の表れなのです。そのためには、やはり同じく「権利者が全ページ公開できる」システムにする必要があります。でなくてはスピード的に太刀打ちできません。音楽や映画やスマホ用アプリは、もう海外にプラットフォームを取られてしまいましたが、漫画ならまだ間に合います。

ちなみに、

  • 全ページ公開しただけでは広告収益は入りません。弊社と契約し、銀行口座を登録した作家様だけに、広告収益などをお振り込みしています。本人確認できるまでは、広告収益はプールされる仕組みです。

また、連続して公開ボタンを押すような人には警告メールが行きますし、そして実は「ツイッター上に作者ご本人がおられる場合」には私が直接ご本人にDMで確認してニセモノを排除しています。

それでも、この権利者チェックに改善の余地がある点に関して、「ミイラ取りがミイラになっては本末転倒だろう」というご指摘はあるだろうと思いました。

しかし驚いたことに、スタート時だけでかなりの数の作家さんが公開OKを出して下さり、非常に理解を示して下さっていることが分かりました。

★許諾したマンガ家さん達の声

  • サイトの企画趣旨は、大変よく理解できた。とても面白い試みだと思う。埋もれていた過去の作品に日の目を見せてやれるのは、純粋に嬉しい。さらにそこに収益の道筋まで用意されているのであれば、商業漫画家を目指す若い作家さんや、諸事情でコミックス化が困難な作家さん達の指標にもなれる気がする。
  • 自分としては、ネット時代のこうしたグレーゾーンの問題はある程度許容すべきという考えであり、今後なんらかの契約の上で公開して差支えない。
  • もともとマンガ図書館Zに大変興味があり、私の漫画でも公開できる物は無いか…と考えていた。
  • 私の作品でも気にして、読みたいと思ってくださる方がいるということは本当に有り難い。それがなんらかの収益につながるのであれば、更に有難い。
  • 近年の違法なアップロードを止めることは無理であること、できればいろんな人に読んでもらいたいとは思うこと、もっとできるならば対価が入るならばなおよいこと。これを常々思っているので参加したい。
  • 今まで自作品で海賊版や権利関係のトラブルに巻き込まれた事が無かった為、あまり深く考えた事は無かった。しかし漫画図書館Zに参加する事で、その意義に賛同し出来る限りの協力をしていこうと思う。
  • 今回のマンガ図書館Zの発想は、一漫画家としても納得できるものである。一昔前ならともかく、ネットの普及している今なら単行本が絶版になってなお、作者に収益が還元されるというのは現状のネット違法アップロードに対して為す術の無い漫画家にとって見事なカウンターとなるもので、自分としても感心する事しきり。
  • 私は現在のところ引退状態だが、やはり自分の作品が忘れられていくのが寂しく、少しでも新しい読者の目に触れてもらえればと、マンガ図書館Zにお世話になることにした。

掲載拒否する場合も、それなりに理解を示して下さる場合が多いです。

★掲載を拒否したマンガ家さん達の声

  • 広告収入を得る形が個人的に嫌い。批判も揶揄もしないので、私は誘わないで欲しい。
  • あの作品は、来年あたり出版社から再発売の予定。
  • 該当作品は、ある出版社から電子書籍化されるので不参加。しかしいつかは収入が途切れてしまうと思われるので、その時こそ無料公開に踏み切りたい。改めて相談にのって欲しい。

これは私にとって驚きでした。なかなかに好意的な内容が多く、もし連絡が取れた場合は「打率9割」以上で許諾OKが取れています。

ただもちろん、お怒りになっている先生も2名おられます。

本音では、私はとても恐ろしいです。

しかしながら、この手法を進められるとしたら、恐らく(TPP対策や児ポ法対策、著作隣接権問題や海賊版対策、自民党議員への表現規制反対ロビイングなどの活動を、漫画家の中では殆ど一人きりでやり続けてきた)私、赤松だけではないでしょうか。複数の識者からの勧めもあり、思い切ってやってみることにいたしました。

もしグーグル(またはアマゾンやネイバー)が電子書籍の世界でも「日本漫画を管理する立場」になった場合、海外の価値観で日本の文化を選別し、検閲してくることでしょう。そして広告収益を100%作者へということも無いでしょう。その点、私なら検閲はしませんし、手数料も取りません。

もしこの手法が強いバッシングを受けたら、私はもう電子書籍サイト運営から引退して、本業の漫画連載にでも集中しようかな・・・と思っています。

なぜなら、「海賊版サイトにあるのは無視するが、マンガ図書館Zにあって作者の収益化に役立てる仕組みを作るのは許さない(=叩く)」という漫画業界からの意思表示だと、私は受け止めるからです。

いかがでしょうか。


最近、アマゾンがAmazonプライムで「ビデオ見放題」に続いて「音楽聴き放題」も始めました。次は、どう見てもAmazonプライムでの「マンガ読み放題」を狙っているはずです。もともと本業は書籍ですしね。

グーグルが、裁判で勝ちました。大量の書物を無断で電子化したことが著作権侵害に当たるとして、米作家協会などが訴えていたあの裁判です。あのグーグルブックスが復活でしょうか。日本に攻めてきたら国会図書館でも太刀打ちできません。

その国会図書館も、近年は様々な実験を行っています。スキャンしたデータを利活用したがっているのは明白で、やるなら著作者に収益があるような仕組みでやって欲しいものですね。

そして政府与党のフェアユースの方向性

最後に、ネット海賊版。

・・・ここまで来ると、我々「日本人」が、しかも「クリエイター主導」でこれを率先して進めないと、またもや外資に扉を開けられて、我々日本人はそれを「使わせていただく」ことになってしまいそうです。検索エンジン*2やクラウドコンピューティング*3などと同じく。

または、国が(クリエイターの利益優先ではなく)利用者の利便性主導で始めてしまうでしょう。

私に、しばらく実験させてもらえないでしょうか!?

そして、もし今回の方法を超える海賊版対策法&書籍データの活用方があるなら、教えて欲しいのです!

*1:絶版書の場合、そのままでは収益は0円ですからね。

*2:日本人は、例えば検索した後の冒頭引用文の著作権を気にして、検索エンジン事業に二の足を踏んでしまう。

*3:日本人は、クラウドに音楽を保存すると著作権侵害では・・・と気にしてしまう。そしてシステム作りからも撤退してしまう。

2015-12-24

いよいよ発動、「日本の全マンガ蒐集計画」!・・・9月の広告収益ベスト10作家も発表!

f:id:KenAkamatsu:20151224214718j:image:w110:right先月、作者の許諾を得て行った「ホワイト・リスト&インセンティブ作戦」

  • 海賊版のマンガZIPをネットの皆さんにアップロードしてもらい、それに広告を付けて無料公開した上で、広告収益は作者に100%お渡しする

という画期的な実験でした。

この方法なら、海賊版マンガにダメージを与えつつ、楽に作品データを収集して作者の収益へと繋げることができます。

実験はまたもや大成功を収め、更に色々な特徴(というかコツ)が分かってきました。

  1. アップロード者はこういった実験に協力的であり、その人数は予想よりずっと多かった。
  2. また、アップロード者が必ずしもインセンティブを欲しているとは限らない。
  3. サイバーロッカーにあるのは新刊が主で、マイナー誌の絶版書はあまり収録されていない。また、常に削除されては再登録されている。
  4. 海賊版ZIPの1枚目は表紙カバーの横長スキャンであることも多く、電子書籍としては表紙のみトリミングが必要。
  5. 自分で裁断スキャン(自炊)している人は非常に少ない。
  6. 読者は、多少の画質の悪さは意外と気にしない。

今回の結論として、

  • 第三者が海賊版マンガZIPをアップロードし、それを作者の利益に結びつけるこの手法は、思ったより楽で有効である

と申し上げてよろしいかと思います。


【マンガ図書館Zの広告収益って何円くらい?】

ところで、先ほどから出ている「広告収益」って、どれくらい儲かるのかご存じでしょうか?

マンガ図書館Zでは、ご存じの通り「広告収益を100%作家さんにお渡ししている」のですが、最近その金額がなかなか高額になってきました。何と前会社時代の3倍以上です。

マンガ図書館Zでは、9月の広告収益の振り込みがちょうど11月から始まっています。そのトップ10を発表しちゃいましょう!(※ちゃんと各先生方に、名前と金額を公表する許可を得ています)

f:id:KenAkamatsu:20151224191704p:image

漫画家の皆さん、これは「1年の収益」ではないですよ。「1ヶ月の収益」です。

左が「広告収益にPDF販売やKDP販売など全て合計」した金額(総合)で、右が「広告収益のみ」の金額です。

9月の第1位に輝いた堤抄子先生は、広告収益だけで一ヶ月6万円、KDP等を合わせると一ヶ月10万円に達しております。・・・余談ですが、堤先生は11月の「エルナサーガPDF販売促進キャンペーン」でも30万円以上稼いでおられます。

もちろん、掲載している作品数が多ければ作家ごとの収益は増えますので、一概に「順位が高いから人気」とも言えません。大人気でも一作品だけではベスト10に入れませんからね。

トップ10作家の全広告収益に対する比率は、円グラフにするとこんな感じです。

f:id:KenAkamatsu:20151224185013j:image

ちなみに、アマチュア作家(&プロ作家)の「アップロード投稿作品」にも、やはり広告収益を100%お渡ししています。投稿での収益1位は、神吉李花さんでした!

絶版するほど古めの作品群だと考えると、ぶっちゃけマンガ図書館Zの広告収益は「出版社からの1年分の収益報告に(一ヶ月だけで)匹敵する」と思われるのですが、いかがでしょうか?(出版社から来る電子版印税は、下手すると半年で1万円以下じゃないですか?)

どうやら、プロ商業作家にとって最も効率の良い作品発表方法は、

  • まず「雑誌の原稿料」を貰って、更に「単行本の印税」でも稼ぎ終わったら、数年後にはマンガ図書館Zなどで無料公開して「読み返された分を何度も広告収益で稼ぐ」

という方法でしょう。最後に無料公開すると読者層が桁違いに広がり、現行の新作への導線になります。この回転を目指すわけです。


【マンガ図書館Zの新型「作品データアップロード」機能】

さて、私はこの、

  • 原稿料と印税で稼ぎ終わり絶版となった作品は、最後に広告有益型の無料公開システムで広く読んでもらい、永続的に稼ぐのが良い

という理論と、さきほどの

  • 第三者によるマンガZIPのアップロードを作者が許諾するシステムは、楽で有効である

という結論を組み合わせて、

  • 第三者がマンガZIPをアップロードし、それを作者が許諾して広告収益100%を得ると共に、海賊版マンガにダメージを与え、更に読者は無料で全巻読める

というシステムを構築しました。この手法を、全てのベテラン漫画家に提案するものであります。

そのシステムこそ、マンガ図書館Zの新型「作品データアップロード」機能。

これは、今までの「マンガ図書館Zのアップローダー」に、昔の「絶版マンガ図書館時代のアップロード機能」をプラスしたものと言えます。

アップロードされてきたマンガZIPが「表紙1枚」だけ公開されますので、それに対して権利者が「公開OK」ボタンを押すと、全ページ公開される仕組みになっています。

f:id:KenAkamatsu:20151224235609p:image

今まで古書店や海賊版でしか読めなかったような作品が、安全な形で無料で読むことができ、しかも権利者の方には広告収益の100%が還元される夢のシステム。

作家の皆様、ぜひアップロードされてきた漫画データに対する「公開許諾」をお願いいたします!

また、このシステムでは今まで通り(権利者自身による)自作アップロードもできますので、商業作品以外の発表の場所としてもお役立て下さい。

・・・目指すは、出版社(=新作を持つ)と共同での、日本の全マンガ作品のコンプリート蒐集

ここに来れば、どんなマンガでも必ず読める(または新作を買える)。私たちの仕組みを使えば、この果てしない夢が叶うと考えております。

f:id:KenAkamatsu:20151224222344j:image

「アップロードされた作品データに公開許諾をしたい」、「スキャンした絶版作がある」、「絶版作の生原稿を持っている」、「新作を描いたのでみんなに読んでもらいたい」 など、ご質問やご希望がありましたら、ぜひ「jct-creator@j-comi.co.jp」からご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

【参考】

上の図に出てきた「51カ国語の自動翻訳」のデモンストレーション動画です。

人工知能が漫画内のフキダシを自動検知し、OCR(光学文字認識)して自動翻訳します。

D

2015-11-28

求む傭兵! 海賊と闘う「ホワイト・リスト&インセンティブ作戦」とは?

【前回までのあらすじ】

こちらをご覧下さい。これは、Googleで「ラブひな zip」を検索した結果です。

出てきたのは、全て「海賊版のマンガ」でして、これらを収録しているのは、どれも「サイバーロッカー」という海外の違法サーバですね。最近の海賊版マンガ流通は、winnyなどは使われず、こういった「サイバーロッカー」が主に使用されています。

こうしたサイバーロッカーや海賊版ブログですが、過去に何度も出版社が撃滅作戦を展開してきました。しかし、海賊版を撃滅できたことは過去に一度もありません。古い「絶版本」に至っては、そもそも出版社に「絶版本の海賊版」をどうこうする権利がありませんので、完全に野放し状態です。

・・・そう、絶版マンガは世界の誰も守っていないのです!!(※重要)

f:id:KenAkamatsu:20150902052118j:image:w150:rightそこで、私は前回、「サイバーロッカーを逆に利用し、作者の収益に役立てる作戦」を考案しました。

それは、

  • サイバーロッカーから自分の作品をダウンロードしてきて、それをそのままマンガ図書館Zにアップロードし、広告を付けて無料公開してしまう

という「乗っ取り」型の新手法です。

・・・試しに私が、拙作「A・Iが止まらない!」を私自身がネット海賊版サイトからダウンロードして、マンガ図書館Zの新型アップローダーを使ってアップロードし、そして全ページ公開した様子をご覧下さい。完全合法です。

http://twilog.org/KenAkamatsu/date-150925/asc

この実験は大成功を収め、画期的な手法だと話題を呼んでおります。広告収益も100%、私に振り込まれています(笑)。マンガ図書館Zの新型アップローダーとは?


【今回のホワイトリスト作戦について】

さて。こうなると今度は、赤松健の作品だけではなく、他の先生の作品でも同じ実験をやってみたくなってきます。

そこで先週、15人の漫画家さんに直接お願いしまして、実験の趣旨について理解して頂くと共に、以下の3点について正式に承諾して頂くことができました。(各先生方、感謝ですm(_ _)m)

★ 15人の漫画家さんからの、3つの許諾

  1. 赤松が指定した一週間だけ、第三者(主にマンガ図書館Zの趣旨に賛同するファン達)が、このリスト内の作品を「サイバーロッカー」からダウンロードしてきても良い。*1
  2. その作品データ、もしくは手持ちの自炊データを、マンガ図書館Zにだけアップロードすることを許可する。*2
  3. 今回、アップロードしてくれた人へのインセンティブ(報奨)を出す実験を行っても良い。

さあ、これで私の考える最強の「ホワイトリスト」が完成しました。こんな実験は世界初でしょう!

■上記3つを許諾して頂いた「ホワイトリスト」

(色が薄くなっているのは昨日アップロードされた作品。より画質の良いものならアップロード歓迎)

  • 瀬上あきら先生・・『KAGETORA(全11巻)』『神喰らい』
  • 石山東吉先生・・『チキンクラブ(全11巻)』『覇王の森(全6巻)』『MAPマッピィ(全6巻)』『ランブルアイズ』『ジャンジャンバリバリ(全7巻)』『カマキリン』
  • ちば・ぢろう先生・・『オタが行く!』『来福OL幸呼さん』『G.Bガールズブロウ(全2巻)』『魔羅ノ介』
  • すきよししんじ先生・・『ナマイキ少女』
  • 上連雀三平先生・・『アナルエンジェル』『やまとなでシコ』
  • U−K先生・・『堕天使の鎖』『恋愛献身Sex Love』
  • 魔訶不思議先生・・『アンチテーゼ』
  • 森野うさぎ(影夢優)先生・・『露―桜香の織』『密室の塾』『娘人形飼育・上巻(処行為)』『娘人形飼育・下巻(爛臭気)』
  • 悠理愛先生・・『アクマのタマゴ!』『ぱらだいすラバーズ』『ラブドールQ』『妄想天使ヴィジョン』『さ〜ふぃん☆ばに〜』『モエル』『1000COMPLEX』『淫妖伝アビラストラ』『特殊乳対性理論』
  • 吉野志穂先生・・『調教淫熟日記』『真夜中の愛奴たち』『蕾の誘惑』『変態倒錯』『背徳のメヌエット』『あぶないおキャンTEEN』『放課後Hタイム』『女淫の祝祭』『恥辱のプレリュード』『ABCぱにっく』『ふるえて眠れ!!』『禁断のノクターン』

  • スパークうたまろ先生・・『インモラル逆襲』
  • ほしのふうた先生・・『天然・幼液』『晴れときどきぬれねずみ』
  • みにおん先生・・『ヘアトリガーあーる』『HairTrigger』『ドキドキ恥辱画廊』『稚魅穴る』『少女寵愛調教』『少女強制絶頂・姦児ちゃう』『ドキドキ淫行厨房』『ドキドキ少女病棟』『Sosoul乳』『カウパーQ』『幼姫萌絶天国』
  • のぎまこと(牧野靖弘)先生・・『お願い 満珠を守って!』『茜ちゃんPANIC』
  • 山本夜羽音先生・・『PUSSY TALKIN'』『新世紀無頼伝・俠子エクスプロージョン』『7DAYS 13HOURS』『ウタリア戦記・閃光のアーシュラ』『Winter Guarana』『渋谷少女リアル』『聖隷』『ナイトフラッパー』『ラブ・スペクタクル』『ナードボイルドR』

・・・実はこの「サイバーロッカーからDLしてきて加工流用する」という手法は、スキャン用のコミックス原本が発見できなかった場合に、いつも弊社が使っていた手法でもあります。作者の許諾の元、いつもやっていたことなのです。

しかし注意点が2つ。

  • このホワイトリストに載っている作品について、私が指定した一週間(2015年11月28日〜12月4日)以外では、サイバーロッカーからダウンロードするのはやめましょう。
  • ダウンロードしたデータをマンガ図書館Zにアップロードした後は、そのデータを自分のHDDから削除しましょう。

この2点だけは、皆さん守って頂きたいと思います。作品データをずっと自由にして良いわけではないのです。

※この実験の有効期限:2015年11月28日〜12月4日まで。既に終了しています。

【加えて、インセンティブ作戦について】

ところで絶版マンガ図書館時代から、アップロード機能について指摘される問題点として、「アップロードする人に、何のトクも無い」ことが上げられていました。*3

f:id:KenAkamatsu:20151127230945j:image:w200:rightこれに対して違法なサイバーロッカーでは、「自分がアップロードした電子書籍(←他人の作品だろ!)が世界の誰かからダウンロードされると、そのDL数に合わせてインセンティブ*4が貰える」という機能があります。そのため、サイバーロッカーにアップロードする人は、特に絵の才能など無くても、他のトレントやwinnyや別サイバーロッカーから他人の電子書籍を移動してくるだけで、今度は自分が金を得ることが出来るわけですね。こうして、誰か一人がネットに自炊データを上げただけで、すぐに全世界のサイバーロッカーへ爆発的に海賊版データが広がっていくのです。*5

このインセンティブ制度についても、以前から一度実験してみたく思っておりまして、今回は「アップロードした人」にインセンティブを設定することにしました。割と考えられるのは「広告収益の10%を1年間」などですが、それだと計算が面倒なので、今回は現金一括払いにさせて下さい。

この度、会社から正式にこの実験用の予算が出てまして、何とアップロード1巻につき3000円です。・・・・うわ、結構高いな!(^^;) 私もどっかから落としてアップロードしようかな。

やり方は、以下の通りです。

  • まずはマンガ図書館Zへ無料会員登録して下さい。そうしないとアップロード機能が使えません。
  • 上記のホワイトリストの中で、自炊または何らかの方法で所持している作品データがありましたら、それをマンガ図書館Zにアップロードし、公開設定して下さい。
  • アップロードの際は、「一般作品」か「R18作品」かをご自分で判断し、ボタンで設定して下さい。またR18作品の閲覧はプレミアム会員しかできません。(理由)
  • データが採用されたアップロード者には、インセンティブをお渡しします。同じ作品が複数アップロードされた場合は、画質の良い方を採用します。同一ファイルなら先に公開した方がインセンティブの権利を得ます。ファイルの選定はマンガ図書館Zの裁量で行います。
  • アップロード者は「マイページ」で口座を登録することで、1巻につき3000円を貰うことが出来ます。登録しなければ、お金はプールされます。
  • 1タイトル3000円ではありません。1巻につき3000円なので、例えば瀬上あきら先生の 『KAGETORA』は全11巻ですから3万3千円になります。しかし上連雀三平先生の『アナルエンジェル』は全1巻なので3千円となります。
  • 石山東吉先生の作品など、サイバーロッカーでは存在が確認できていないものもホワイトリストには載っています。これらは「自炊」推奨です。自分で裁断スキャンしてデータを作って下さい。アップロード締め切りは12月4日となります。
  • サイバーロッカーからのダウンロードは、初心者は手を出してはいけません。ウイルスが混入している可能性もあります。またダウンロードで何らかの損害を被っても、マンガ図書館Zは一切責任を負いませんので、十分注意してご参加下さい。

このインセンティブ実験の意義は、お金とかそういうのではなく、実際にやってみて「どんな問題が起こるのか、どんなルールが必要なのか」をつかむ事にあります。この辺り、分かって頂けるでしょうか。

最近のTPPの議論では、何とか非親告罪化の対象を海賊版に限定することが出来そうですが、実は海賊版にしか存在しない書籍データ(孤児作品も含む)もあって、悩ましいところです。玄人の皆さん、サイバーロッカーに収録されている「絶版マンガ」だけでも抜き出して利活用し、作者の役に立ててみませんか?

この意義に賛同される方。ぜひご協力下さい。よろしくお願いいたします。m(_ _)m

※この実験の有効期限:2015年11月28日〜12月4日まで。既に終了しています。

PS.

今回アップロードして下さった方々へ。まずは我々が「採用データ」を一つ選びます。これは予告通り、我々が画質などを見て行います。決定まで数日間下さい。

決定後、その採用データをアップロードした方々に報酬金をお渡しします。採用されなかった方々にはお金は入りません。

報奨金は、マイページから得ることが出来ます。採用者にはメールで連絡する予定です。

f:id:KenAkamatsu:20150919150325j:image

*1:決して複製権侵害には問われません。

*2:これも決して複製権侵害には問われません。

*3:私としては、「埋もれた作品を掘り起こして、しかも作者に広告収益が行ったら読者としても嬉しいのでは」とか思ったのですが、そうでもないのかも。

*4:普通はお金です。

*5:実際にはもう少し複雑なシステムなのですが、詳しくは割愛します。

2015-09-25

新しくなった「マンガ図書館Z」の5つの秘密 〜悪魔を滅ぼす禁断の力〜

こんにちは、(株)Jコミックテラス取締役でマンガ家の赤松健です。

私が2011年から運営してきた「絶版マンガ図書館(Jコミ)」ですが・・・・おかげさまで近年、マンガ家さんからの掲載依頼が殺到し、マガジンで連載しながらの運営ではさすがに厳しい状況になってまいりました。(^^;)

そこで先月から、大手企業の資本を入れて新会社を作り、スタッフを増やして、「掲載スピード」「作家サービス」の大幅向上を図っております!

新会社の名前は「(株)Jコミックテラス」と言います。略して「Jコミ」です。(笑)

f:id:KenAkamatsu:20150911142258p:image:w300

そして、8月3日からスタートした新サイト名は「マンガ図書館Z」です!*1

f:id:KenAkamatsu:20150911142311p:image:w300

・・・いわゆる「会社売却」ではないので、赤松は別に儲かっておりません。(笑)

もちろん赤松が続けて前面に立って運営を指導し、作家さんとの対応も担当いたします。つまり、

  • 「掲載スピードが上がって、作家さんが儲かるサービスが大幅に増える」こと以外は、今まで通り

ということです。

主なサービスの特徴としては、

【1】広告収益は、今まで通り作家の取り分100%

【2】オフィシャル全作品で、「電子透かし入りPDF」も同時に販売

【3】いよいよ51カ国語の自動翻訳が(オフィシャル全作品で)スタート

【4】コミックスになっていない部分を、オンデマンド印刷して販売

【5】電子書籍版YouTubeとしての機能を持つ、新型アップロードシステム

となっています。

どれも様々な理由から、他社では非常にマネしにくいものです。

特に【5】が重要なのですが、まずは1〜5を順番に詳しく説明していきましょう。


【1】広告収益は、今まで通り作家の取り分100%

マンガ図書館Zでも、やはり基本は「広告収益型の無料閲覧」システムです。

読者は無料でマンガを全巻読むことができ、広告収益は今まで通り作家の取り分が100%となっています。

例えば電子の売上げが年1万円を切っている作品は、ぶっちゃけ有料販売するよりウチで無料公開(広告収益型)した方が儲かるのですが、それよりも何よりも、無料公開すると感想がいっぱい来るのです。作家的にはそれが嬉しい。(^^)

f:id:KenAkamatsu:20150825001254j:image

新型ビュワーは、マウスのホイール回転でパラパラと素早くページをめくることが出来ます。矢印キーやスペースキー、マウスクリックでもめくることができます。広告1と2はマンガの左右にありまして、広告3はYouTubeのように「×」を押せば消えます

ただ、成人向け作品は今回、有料プレミアム会員のみのサービスとなっています*2。昔のJコミ時代と同じレベルに戻ったわけですが、これについては別項で説明いたします。


【2】オフィシャル全作品で、「電子透かし入りPDF」も同時に販売

f:id:KenAkamatsu:20150825003452j:image:w300:rightJコミFANディングで好評だった「電子透かし入りPDF」を、Zオフィシャル全作品*3で利用できるようになりました。

ところで他の一般的な電子書籍ストアの場合、買うのは「読む権利」だけであり、倒産やサービス終了すると、買ったのに読めなくなってしまう場合がありますよね。せっかく買ったのに消滅するとは、由々しき事態です。これなら紙の方がマシ。

その点、「マンガ図書館Z」のマンガPDFは、DRM*4無しですので、どんな端末にも自由にコピーして読むことが出来ます。しかも、例えJコミが倒産しても、全く問題無く一生所有し続けることができますので、他の全ての電子書籍サイトに比べて「所有感」が段違いです。

さらに、購入者を特定することができる情報が刻印されていますので、WinnyなどP2Pに流すことは憚(はばか)られます。*5

・・・まさに「究極の電子書籍の形」と申せましょう。

  • このPDFの価格は、何と300円。(他の一般的な電子書籍ストアよりもかなり安い)
  • そして作者印税は、何と40%です!!(他の一般的な電子書籍ストアの2〜3倍!)

好きなベテラン作家さんにお布施するイメージで購入するのも良いでしょう。「電子透かしってどんな感じなのかな?」と気になる人は、プレミアム会員になると月に1冊だけ好きな本を無料で入手できますよ。


【3】いよいよ51カ国語の自動翻訳が(オフィシャル全作品で)スタート

マンガのフキダシを、コンピュータがOCR(光学文字認識)して、全作品を世界51カ国語に翻訳できます。

これは恐らく世界初の試みです! これで我々日本のマンガを、世界のどこでも誰にでも読んでもらうことができるわけですね。我々作家にとって、こういうのは一つの大きな夢でした!(^^)

D

どうです。上部の水色のツールバーにある「翻訳」ボタンを押した後は、ページをめくるごとに、パラパラッと外国語に翻訳されていくのが面白いでしょう?! コンピュータ翻訳なので訳文はイマイチなのですが、少しくらい訳が違っていても、マンガですから「キャラクターの表情」で補完することができるのです。みなさんも、お好きな漫画でちょっと試してみて下さい。

将来的には、セリフと関連した商品を買ってもらい、作者に還元するなどが可能です。また、漫画の「セリフ検索」も可能になりますし、「日本漫画で使われている言葉の傾向」など学術的な用途にも使えそうですね。*6


【4】コミックスになっていない部分を、オンデマンド印刷して販売

最近マンガ業界で増えている、ある現象をご存じでしょうか。

それは、「単行本の1巻目は出たけど、2巻目が(描いたのに)出ない」または「そもそも1巻さえ出ない」という現象です。

最も多いのは、WEB連載が単行本化される場合かと思います。*7

f:id:KenAkamatsu:20131031114447j:image:w360:rightこの現象から作品を救済すべく、弊社では以前から「未単行本化作品の、プリントオンデマンド販売」を実施してきました。これは、

  • 当サイトに掲載された作品を、ボタン一つで「紙の書籍」として印刷し、読者の手元にお届けする

という、画期的なサービスです。

今回これがパワーアップし、Amazonのプリントオンデマンド部門と提携することによって、送料無料で全国の購入者にお届けできるようになりました。しかも何と、Amazonに「普通の紙の本」として並びます。現在は最終調整中で、10月からサービス再開予定です。

今年中には、未単行本化作品のみならず、マンガ図書館Zの「Zオフィシャル全作品」で印刷が可能になる予定です。ちょっと画像が荒めの作品もありますが・・・


【5】電子書籍版YouTubeとしての機能を持つ、新型アップロードシステム

いよいよ、海賊版対策の「究極の(禁断の?)一手」が登場です!

これは、誰でも作品のデータがあればそれをアップロードして、すぐに全ページ公開できるという、まさに電子書籍版のYouTubeともいえる機能。

もちろん、広告収益は100%受け取ることができます。無料で読んでもらえばもらうほど、広告収益も増えるというわけですね。

f:id:KenAkamatsu:20150919150325j:image

このシステムを使ってアップロードするには、誰でも簡単なユーザー登録だけでOK。そして広告収益を受け取るには、受け取り用の銀行口座を登録するだけです。*8

生原稿スキャンや自炊ファイル、はたまた海賊版ZIPをそのまま持ってくるなど、作品データには色々あります。それら手元の作品データが、作者の収入を生み出す「打ち出の小槌」になる・・・こんな画期的なシステムは、他には無いと言えるでしょう!

そもそもこういった「広告収益100%分配」というのは、普通の企業にはできませんし、続けるのも難しいです。

・・・では、なぜやるのか? それを理解してもらうには、海賊版について理解してもらうことが必要です。

さて、皆さんご存じの通り、ネット上は海賊版のZIPファイルであふれています。試しに私の『ラブひな』を探してみると・・

f:id:KenAkamatsu:20150902031833j:image

はい、ラブひなの海賊版ZIPがいっぱい出てきましたね

また、例えばよく知られるこのサイト「はるか夢の址」をご覧下さい。ここからのリンクで、マンガ単行本どころか今週のジャンプやマガジンまでも違法ZIPに辿り着けてしまいます。作家の皆さんも、ご自分の名前で検索してみて下さい

f:id:KenAkamatsu:20150912125631j:image:w150:rightYouTubeやニコ動も「違法なアップロードの排除」には取り組んでいるのだと思うのですが、残念ながら、私の作品(例えば「ラブひな」)のアニメ版やCDが、今もYouTubeにも大量にニコ動にもバンバン掲載されまくっているのが現実です。

そして、これらアップロードされたものを見たり読んだりしてもらっても、作家には1円だって入らないんです。

こういった海賊版ZIPですが、過去に何度も出版社が撃滅作戦を展開してきました。しかし、海賊版と正規版はいつでもイタチごっこの関係にあり、海賊版を撃滅できたことは過去に一度もありません。

「絶版本」に至っては、出版社に「絶版本の海賊版」をどうこうする権利がありませんので、完全に野放し状態です。そう、絶版本は世界の誰も守っていないんです。全然知らなかったでしょう?(^^;)>作家の皆さん

私が思うに、(特に絶版本の)海賊版を撃滅するには、

  • 海賊版と同じく無料であること。
  • ウイルス感染の恐れもある海賊版より、セキュリティ的に安全であること。
  • 海賊版より使いやすく、さらに自動翻訳などの付加価値がついていること。
  • うしろめたい罪悪感と共に読むのではなく、むしろ「(広告収益などの面で)私は作者の役に立っているんだ」など、読んでいて気持ちの良いシステムになっていること。

が重要です。この4点がすなわち「マンガ図書館Z」の根幹にもなっています。

そして、何より「マンガ図書館Zにくれば、どんな作品でも読める」状態を目指すことが肝要。「新型アップロード機能」はそのための仕組みであり、作品をどんどん集める仕組みでもあるのです。

f:id:KenAkamatsu:20110915052122j:image:w150:leftもちろん、既存の出版社や電子書籍ストアの迷惑にならないように、特別な対策もとられています。弊社のアップロード機能では 、hon.jpと正式提携して「出版社が今扱っているような作品」は自動的に削除されるようになっています。これを「絶版判定アルゴリズム」と名付けました。だから、例えば『ワンピース』は(例え尾田先生ご本人がアップロードしたとしても(笑))このフィルタに引っかかって削除されます。

他に、明らかにおかしなものは手作業で非公開の対応をいたします。このアップロード機能は、YouTube等と同じく、誰でも「自分の作品」をアップロードしてもらう手段として提供されているからです。

  • 「作者と読者が、共にハッピーになるWin-Win」を目指した、他にはない画期的なシステム。これがマンガ図書館Zの新型アップロード機能です!

・・・いかがですか、この壮大な構想!!(笑)

もう、手持ちのデータをアップロードしないという選択肢はないはずですね。まあ、海賊版の業者さんはご不満かもしれませんけど。(^^;)

なお、作品をアップしたいが「データを持っていない」とか「手に入らない」、「海賊版で流通しているようだが、もっと良い画質のデータで公開したい」ような場合は、我々にお知らせを。専門スタッフが無料でデータを準備したり、既存データをブラッシュアップいたします。同時に、電子透かし入りPDF販売やキンドル販売などで、マネタイズも進めていきます。

f:id:KenAkamatsu:20150902051623j:image:w200:rightこのシステムが定着すれば、理論上は出版社が管理している以外の「日本の全ての書籍の本文画像データを全ページ収録」し、その収益を作者側に渡すことが出来る・・・という流れが構築できるでしょう。

そしてやがては、国会図書館が死蔵している「日本のほぼ全出版物の画像データ」を、作家に利益が行く形で利活用すると共に、オーファンワークス*9の問題にもケリを付けるという、作家と読者の夢を実現させることができるのではないかと私は考えています。

その時こそ、

  • あらゆる作家がうるおい、読者の『読みたい!』も満たされ、そしてネット上の海賊版は全滅するという「マンガ図書館Z」の究極目標を達成することができる

のです!!


・・・さて、マンガ図書館Zの5つのサービスをご理解いただけましたでしょうか。(笑)

f:id:KenAkamatsu:20150902052118j:image:w150:left特に【5】の新型アップロードシステムが肝ですので、その使い方を私が詳しく解説していきたいと思います。まずは、

  • 拙作「A・Iが止まらない!(新装版)」を私がネット海賊版サイトからダウンロードしてきて、マンガ図書館Zの新型アップローダーを使ってアップロード、そして全ページ公開するところから、訓練を始めてみましょう。

9月25日(金)の22時から、ツイッターで実況していきます。(アップロードしたら、うちの絶版判定アルゴリズムに引っかかったりして・・・)

私の計画に賛同する方、ちょっと興味がある作家さんは、ぜひツイッターでの実況をご覧下さいませ。

(追記) 実況、無事に終了しました! その様子はコチラです。


【補足1】なぜ、成人向け作品が有料プレミアム会員のみのサービスになったか

今回、成人向け作品(R18)は「有料プレミアム会員のみのサービス」となりました。

R18は有料プレミアム会員専用ですので、広告は当然消えます。そして広告収益の代わりとして、作者にはプレミアム会員費から閲覧ポイントに応じて収益が支払われます。

有料になった理由としては、以下の2点が上げられます。

(1)エロ漫画向けのエロ広告は、圧倒的に数が足りない。広告料も足りない。

弊社がグーグルや大手メディアレップから貰ってくる「広告」には色々ありますが、どれも成人向け作品の隣に置くのは規約違反であり、やはり成人向け作品には専用の「成人向け広告」を載せる必要があるわけです。しかしグーグルなどの大手は性的な広告は扱っていないため、扱うことのできる数少ない代理店から貰ってくることになります。ところが、その数は圧倒的に数が足りず、広告料も全然低いです。

・・・正直申しますと、「絶版マンガ図書館」時代には、私(赤松)が自費でR18用の金額を補填しておりました。基準は「一般作品と同じ閲覧数を稼げば、R18でも大体同じ広告収益額になる」イメージです。

これは、(誰にも迷惑はかけていませんが)不健全な状態ですよね。そこで、一般企業と合体するこの機会に、プレミアム会員費からちゃんと計算してお支払いすることにしたのです。

・・・ただ、広告の問題よりも大きいのは、次の件です。

(2)なるべく多くの成人向け作品を、無事に収録できるようにするため。

おや? なぜ有料にすると、多くの作品を無事に収録できるようになるのでしょうか?

f:id:KenAkamatsu:20150825171039p:image:w250:right例えば、新生「マンガ図書館Z」では「自動翻訳したエロ漫画」が世界51カ国語で海外から読めるようになっています。

ところが、弊社では、多様なR18作品を多数収録しており、これをいきなり世界展開として実現すると、インパクトが大きすぎて、

  • 国レベルでブロックされる可能性がある。(特にロシアや中国など)
  • 宗教によっては文化衝突に発展する。(日本漫画=害悪と誤解されてしまう)

という危険性があるようです。*10

しかし私としては、サイト側による「作品検閲」は控えたいので、

  • R18のみ有料化して、まずは一旦「国籍・性別・年齢にかかわらず誰でも好き勝手に読めるという状態」を避ける

ことにいたしました。

これならクレジットカードで強固かつ正確な年齢確認になりますし、わざわざ実費を出すわけですから「金を払って読もう」という意志を持った大人が自分の都合で読む、という状況を実現できます。(=買いたくない人、見たくない人の目に付くことが無い。)

もちろん一般的な年齢確認(YES/NO)もありますし、ログインも必須となっています。

ただ弊社にも色々基準はありまして、サイトのスタート時には何作か「一旦不掲載」にした作品が存在します。具体例を挙げますと、たまちゆき先生の「つるぺた天使」などはマンガ図書館Zのスタート時には不掲載でした。

しかし(たまちゆき先生の同意の下で)表紙のランドセルをCGで削除するなどして、現在は普通に掲載しております。こういった交渉や報告は、私(赤松)が作家目線で行っていますのでご安心下さい。

*1:作家さん達から不評だった「絶版」という単語を削りました。(><)

*2:試し読みなら無料で12ページできます。

*3:Zオフィシャル作家というのは、従来までのJコミ時代と同様、弊社と正式契約したプロ商業作家さんのことです。一般投稿作品とは違って、電子透かし入りPDFやKDP、51カ国語の自動翻訳などのサービスを自動的に受けることが出来ます。

*4:デジタル著作権管理

*5:「電子透かし」は著作権法(第113条第3項)によって、不正に除去・改変すると著作権侵害と見なすことができ、損害賠償だけでなく逮捕&刑事罰まであります。これが「暗号化PDF」や「暗号化ZIP」と大きく違うところ。

*6:私(赤松)の持論ですが、文字列検索ができないと、「電子化」する意味は薄いです。 文字列検索ができれば、動画投稿サイトにはない、電子書籍ならではのメリットが生まれます。なぜならテキストは「広告」と精度良く結びつくからです。つまり、セリフ文字列を正確に「広告に結びつける」のが、私(赤松)の個人的な目標であります。読書中に、「そのセリフに関連した商品が買える」、「セリフの言葉から類推し、特定の商品をお薦めする」、「特定の語句の検索結果として、弊社の電子書籍が出るようにする」など。

*7:WEB連載というのは、その殆どが「ネット上で連載マンガを無料で読んでもらい、紙の単行本の売り上げで収益化する」ビジネスモデルとなっています。そうなると、どうしても「WEB上で連載スタート。」→「紙の1巻の売り上げがイマイチだった。」→「残念ながら打ち切りが内定する。」→「採算が取れなそうなので、2巻は出さないことにする。」→「急に連載も終わる。」というパターンが増えてしまうのですね。

*8:アップロードだけを行い、銀行口座を登録しなければ、広告収益を受け取らないこともできます。その場合は、正当な権利者が申し出るまで広告収益がプールされていきます。また、10月中には「メールアドレスと口座名義」だけでOKになる予定ですので、詳細は10月中旬頃にマンガ図書館Zをチェックして下さい。

*9:権利者が見つからず、事実上利用できなくなっている作品のこと。こうなると、もう海賊版の出番というしかない悔しい状態です。孤児著作物とも呼ばれています。

*10:この危険性については、大手出版社から忠告されて初めて気付きました。感謝です。

2015-06-02

★ 「中垣慶&あさいもとゆき・復帰支援FANディング」が終了しました

1ヶ月間の募集期間を経て、無事に「中垣慶・復帰支援FANディング」「あさいもとゆき復帰支援FANディング」が終了いたしました。

今回もご覧の通り、それぞれ233万円・123万円もの売り上げを達成しております。皆様ご支援ありがとうございました。m(_ _)m

f:id:KenAkamatsu:20150602125907j:image

中垣先生はガンの手術が無事に終わり、この後は放射線治療を行っていくとのことです。きっとこの資金が治療費としても大いに役立つことでしょう。(参照:中垣慶先生のブログ

あさいもとゆき先生は、今回の企画で皆さんから多数のご支援を頂き、非常に元気が出たとのこと。リハビリ執筆も好調のようです。(参照:「病状コラム闘病マンガ」


・・・では、購入者の皆さんへ、今後の予定をお知らせいたします。

(1)マスターPDFを作成

f:id:KenAkamatsu:20120911013427p:image:w140:left

中垣先生の方はすでに大体データが揃っておりますので、早々にマスターPDFが完成できると思います。しかし、あさい先生の方は今回かなり急な依頼だったもので、まだ先生から頂いていないデータがあります。

すなわち、中垣先生セットの方が早くダウンロードできるようになるはずです。


(2)電子透かしを刻印する

f:id:KenAkamatsu:20110915052122j:image:w140:left購入者全員分のPDF1つ1つに「電子透かし」 *1を入れていきます。

電子透かしは、winnyなどへの流出を防ぐためのシステムであり、購入者全員でそれぞれ異なっていますので、(フルオートで出来ますが)刻印には結構時間がかかります。

(3)購入者にメールし、ダウンロードしてもらう

f:id:KenAkamatsu:20120102113426j:image:w120:left「電子透かし入りPDF」の準備が出来たら、購入者一人一人にメールし、ダウンロードして頂きます。

みんな同じデータではなく、それぞれ異なったファイルですので、サーバ容量の関係でダウンロード時期がずれていく可能性もあります。ご了承下さい。しかし6月中には、全ての購入者がダウンロードできるようになっていると思います。

(4)直筆サイン入りハガキを郵送

f:id:KenAkamatsu:20150602131058j:image:w150:right直筆サイン入りハガキは、Jコミ側で購入者の住所を印刷し、両先生にお渡しします。そして先生方が直筆サインを入れた後に、逐一ポストに投函されるという仕組みになっています。

(5)紙の本「銀牙」や、Tシャツ「シルビアが襲ってきた!」を郵送

f:id:KenAkamatsu:20150524231027j:image:w170:rightJコミが郵送するわけではなく、購入者の住所に「製作業者」から直接グッズを郵送いたします。だから包装もしっかりしているわけですね。(^^)

(6)4万円コースの依頼イラストを郵送

f:id:KenAkamatsu:20150501022117j:image:w150:right4万円コース購入者の方々に、あらかじめ「何を書いて欲しいか」をお聞きしておきます。その依頼に従って、先生方がこの世でたった1枚のイラストを描き下ろして下さるわけです。

ただ、CG彩色だと(コピーできるので)コレクション価値が下がりますよね。そこで「コピックなどの手塗りで」とお願いしてあります(笑)。その分、納期は多少頂きたいと思います。

*1:電子書籍や音楽ファイルなどに埋め込まれる、特殊な個人情報などのこと。これを不正に除去すると、著作権の侵害とみなされる。(第113条第3項)

2015-05-01

【復帰支援FANディング商品:1】 中垣慶PDFセット

(※申し込みは5月31日の23時59分までです。場所は http://www.zeppan.com

f:id:KenAkamatsu:20150430192640j:image

■ このプロジェクトについて

ガンで闘病中の中垣慶先生に、治療費用と応援メッセージを送ろうという義援企画です。詳しい経緯は、紹介ブログを参照して下さい。

特に7000円コースでは、絶版マンガ図書館にも未掲載であった「スラップスティック・ミルキィ先生」まで入り、これ1コースでWikipediaに載っている全ての中垣作品が網羅できます。

(※JコミFANディングって何?)

【復帰支援FANディング商品:1】 中垣慶PDFセット

★ 2000円コース(目標100名だが上限なし):01〜10までが貰える。

★ 7000円コース(目標200名だが上限なし):01〜17までが貰える。

★40000円コース(上限5名まで)        :01〜18までが貰える。

−−−

(1) PDF版 『お願いアルカナ』(全5巻)

(2) PDF版 『General Contractor BUDDY998』(全3巻+豪華特典*1

(3) PDF版 『TOGETHER!』(全2巻)

(4) PDF版 『紅の故星』(全1巻・カラーページ差し替え版)

(5) PDF版 『ラディカルR&Y』(全1巻)

(6) PDF版 『ラディカルCC』(全2巻)

(7) PDF版 『AM4時までのシンデレラ』(全1巻)

(8) PDF版 『流風』(全1巻)

(9)PDF版・ミニ「カラー画集」

(10)「中垣先生からのお礼状PDF&病状説明」(直筆ではない)

−−−

(11) PDF版 『スラップスティック ミルキィ先生』(全7巻・カラー再現完全版)

(12) PDF版 『風使い銀牙』(シリーズ1&2)

(13) 紙の本で『風使い銀牙』をお届け(全1巻)

(14) PDF版 『狼くん突風』(全1巻)

(15) PDF版 『ミッションII』(全3巻)

(16) PDF版「壁紙・ミルキィ先生のバイク画」など未収録カラー集

(17) 「中垣先生からの直筆サイン入り葉書」

−−−

(18) 購入者の注文で、好きなキャラのカラーイラストを1枚描きおろす。

全てのPDFはDRM無し*2で、電子透かし*3が刻印されています。

今回紹介いたしますのは、中垣慶先生のPDFセットです。以下の電子書籍が入ったコレクター向けの限定セットで、DRMフリーのPDF版ですので、どんな端末にも自由にコピーして読むことが出来ます。例えJコミが倒産しても全く問題無く所有し続けることが出来ますので、まさに完全保存版と申せましょう。

(1)『お願いアルカナ』 (全5巻)

中垣先生の代表作の一つ。何と言っても女の子たちが可愛くて、しかもちょっとエッチなシーンが多く、読んでいて嬉しくなってしまいます。(^^)

f:id:KenAkamatsu:20150501005633j:image

(2)『General Contractor BUDDY998』 (全3巻+豪華特典)

雑誌でもコミックスでも白黒で収録されてしまった、幻の

  • セピア・カラー版「10話目」(一部)
  • セピア・カラー版「最終回」

の2話分を、セピア原版のまま完全収録しました。まさに完全保存版です。

f:id:KenAkamatsu:20130425184444j:image:w500

また、「マンガ作業参考セット」として、「BUDDY998」の以下の資料が収録されています。

  • 企画書(+ラフキャラデザイン)
  • ミニコンテ集
  • 10話目&最終回の下描き全ページ

f:id:KenAkamatsu:20130425185916j:image

f:id:KenAkamatsu:20150501010220j:image:w150:left(3)『TOGETHER!』 (全2巻)

中垣作品では珍しい動物モノ。かつてヤングキング誌に13話連載され、1993年に少年画報社から単行本化。巻中のメイキングに数々の動物デッサンが載っており、どれも見事なできばえです。「そうか〜中垣先生はホントは動物が好きで、ずっと描き続けてきたんだな」と思ったら、何と動物を本気で描いたのは初めてとのこと。う〜ん、天才っていうのは本当にいるんだなぁ。(^^;)

(4)『紅の故星』 (全1巻・カラーページ差し替え版)

本格的な設定のSF中編「紅の故星」を、雑誌掲載時のカラーページに差し替え。

f:id:KenAkamatsu:20130425192256j:image:w500

f:id:KenAkamatsu:20130425191549j:image:w150:right更に「マンガ作業参考セット」として、以下の資料が収録されています。こ、これは貴重だ・・・!

  • 作者が18〜19歳時に描いた、初期作バージョン(60p)
  • 当時のキャラクターデザイン画


f:id:KenAkamatsu:20130425193729j:image:w150:left(5)『ラディカルR&Y』 (81p)

「ラディカルCC」(全2巻)のコンビ刑事の、出逢い編に相当するストーリー。学研コミックNORAで1989年から連載。

f:id:KenAkamatsu:20130425190558j:image:w150:left(6)『ラディカルCC』 (全2巻)

2人組の刑事モノというと、普通は男&男ですが、美男と美女という珍しい組み合わせの刑事マンガです。

学研の「コミックNORA」に1990年5月から掲載。

f:id:KenAkamatsu:20150501010934j:image:w150:left(7)『AM4時までのシンデレラ』(カラーページ差し替え版)

Jコミでは未公開の読み切り作品。カラーページを差し替え。

(8)『流風』 (全1巻)

←90枚程度の短編。拳法使いの少年が大活躍する読み切り作品です。

(9) ミニ・カラー画集

中垣先生の美麗なカラーを、ミニ画集として再構成しました。

f:id:KenAkamatsu:20130425195215j:image

(10)「中垣先生からのお礼状PDF&病状説明」(直筆ではない)

中垣慶先生から、お礼状と、現在の病状についてご説明があります。ハガキではなく、PDFです。


・・・さてここからは、7000円コースです。

(11) 『スラップスティック ミルキィ先生』(全7巻・カラー再現完全版)

中垣慶先生のデビュー作にして代表作。今回、カラー生原画をスキャンし、カラーページを再現しました。まさに完全保存版となります。

f:id:KenAkamatsu:20150501020131j:image

f:id:KenAkamatsu:20150516144036j:image:w150:right(12) 『風使い銀牙』(シリーズ1&2)

シリーズ1は140p、シリーズ2は95p。ベネッセ通信教材「中学チャレンジ」が初出で、後に少年画報社から全一巻で単行本化。シリーズ2はアルカナの5巻に入っていたのですが、今回中垣先生念願の一本化となりました。

(13) 紙の本で『風使い銀牙』(シリーズ1&2)をお届け

貴重な一冊を、アマゾンの新型プリント・オン・デマンド機器で印刷して、購入者のご自宅へ直接お届けいたします。この13番だけは、申し込んだ口数だけ郵送いたします。(つまり何冊も買うことが可能というわけです)

f:id:KenAkamatsu:20150517135307j:image:w150:right(14)『狼くん突風』(全1巻)

亡き父から未完成のまま受け継いだ一撃必殺の体術「狼流」。その完成を一途に目指す、真摯な少年・黒崎狼(アキラ)の活躍を描く拳法アクション。

「ミルキィ先生」に先行した初のシリーズ連作(初期作品)の第1部(第1巻)と、以降の「ミルキィ先生」と交互連載で描かれた第2部(刑事編と親友との出会いを描く武闘編=第2巻)で刊行された単行本をまとめて全1巻で復刻された大都社刊版を電子書籍化。

f:id:KenAkamatsu:20150517135329j:image:w150:right(15) 『ミッションII』(全3巻)

目標、ジャッキー・チェン。未来のアクションスターを目指す、身体は小さいが夢はでっかい、成坂龍太。幼馴染でライバルの国分雄助は巨体で気のいいケンカ友達。凸凹コンビが繰り広げる明朗活発な痛快ライブアクション。舞台は中学校からカンパニースクールKFA(コウベフィルムアカデミー)そして映画界へ。

初出単行本全5巻からボリュームページの全3巻で復刻された大都社刊版を電子書籍化。

(16)「壁紙・ミルキィ先生のバイク画」など未収録カラー

f:id:KenAkamatsu:20150501021020j:image

(17)中垣慶先生からの直筆サイン入り葉書

中垣慶先生から、一人一人に直筆サイン葉書を郵送いたします。宛名と住所はJコミが自動で印刷するなど、中垣先生の労力は最低限にまで抑える予定です。*4


・・・さてここからは、上限5人までの4万円コースです。

f:id:KenAkamatsu:20150501022117j:image:w150:right(18) 購入者の注文で、好きなキャラのカラーイラストを1枚描きおろす

本来、義援JコミFANディングでは「描き下ろし」作業を禁止している*5のですが、今回は中垣先生の「復帰して再び仕事をするんだ」という強いご意志があったため、たっての依頼でイラスト5枚だけOKになりました。

何でも、中垣先生に好きなキャラをリクエストして、描いていただいて結構です。


■ スタート時間:5月1日(金)の20時より

  • 募集期間は1ヶ月です。
  • 商品の引渡しはいずれも6月1日以降となります。
  • クレジットカードが無い場合は、コンビニで買えるビットキャッシュをご利用下さい。
  • 申し込みには、あらかじめ「会員登録」(※無料)して、Jコミにログインしておくことが必要です。
  • Jコミの手数料は0%です。クレジットカードの手数料と印刷費以外は全額が中垣先生に渡ります。

■ 今回だけの特別な機能

  • いつもと違って、今回はお一人様につき、何口でも追加支援が可能です。*6
  • 何口買っても、もらえるPDFは1セットです。ただし、13番の紙の書籍だけは、申し込んだ口数だけ郵送されます。
  • 目標額(100%)を超えても締め切らず、続けて受け付けします。
  • 購入者のハンドルネームと「購入口数」が表示され、購入者が自分の支援額をアピールできます。
  • 1回購入した後、何度でも追加購入できます。また、2000円コースと7000円コースの同時購入も可能です。
  • その都度、先生への応援メッセージに追記(編集)できます。

【復帰支援FANディング商品:2】 あさいもとゆきPDFセット(増補版)

(※申し込みは5月31日の23時59分までです。場所は http://www.zeppan.com

f:id:KenAkamatsu:20150430192703j:image

■ このプロジェクトについて

昨年末の脳梗塞で右半身麻痺が残り、現在は作画リハビリ中のあさいもとゆき先生に、リハビリ費用と応援メッセージを送ろうという義援企画です。詳しい経緯は、紹介ブログを参照して下さい。

今回の目玉は『ファミコンロッキー』の、あの有名なシーンを印刷したTシャツ!(笑) こんなのが手に入るのは、これが最初で最後でしょう。

(※JコミFANディングって何?)

【復帰支援FANディング2】 あさいもとゆきPDFセット

★ 3000円コース(目標100名だが上限なし):01〜06までが貰える。

★ 8000円コース(目標200名だが上限なし):01〜19までが貰える。

★40000円コース(上限5名まで)        :01〜20までが貰える。

−−−

(1) PDF版 『ファミコンロッキー』(再編集全2巻)

(2) PDF版 「ファミコンロッキー・単行本未掲載回」(100p程度)

(3) PDF版 『スケボーロッキー』(全2巻)

(4) PDF版 『アクションロッキー』(全1巻)

(5) PDF版 『コロコロhobbyコミック』(160p程度)

(6)「あさいもとゆき先生(または浅井先生)からのお礼状PDF&病状説明」(直筆ではない)

−−−

(7) PDF版 「ファミコンロッキー・ファミカセ大好き通信」(30p程度)

(8) PDF版 オールカラー 『ビッチマミー美奈子』(17p)(R18)

(9) PDF版 『私の保健室へおいで』(全1巻)(R18)

(10) PDF版 『いちごチャンネル』(全2巻)(R18)

(11) PDF版 『きまぐれショートカット』(全1巻)(R18)

(12) PDF版 『微・少女図鑑』(全2巻)(R18)

(13) PDF版 『LOVE2 ラッキーガール』(全1巻)(R18)

(14) PDF版 『「猫耳」にお願い』(全1巻)(R18)

(15) PDF版 『最高の関係』(全2巻)(R18)

(16) PDF版 『つぼみ白書』(全1巻)(R18)

(17) PDF版 「カラーイラスト集」(20p程度)(R18)

(18) オリジナルTシャツ「シルビアが襲ってきた!!」

(19) 浅井裕先生の直筆サイン入り葉書

−−−

(20) 購入者の注文で、好きなキャラのカラーイラストを1枚描きおろす。

全てのPDFはDRM無し*7で、電子透かし*8が刻印されています。

今回紹介いたしますのは、あさいもとゆき先生のPDFセットです。以下の電子書籍が入ったコレクター向けの限定セットで、DRMフリーのPDF版ですので、どんな端末にも自由にコピーして読むことが出来ます。例えJコミが倒産しても全く問題無く所有し続けることが出来ますので、まさに完全保存版と申せましょう。

(1)『ファミコンロッキー』(再編集全2巻)

主人公・轟勇気が「五十連打」などの必殺技を駆使し、ライバル達とファミコン勝負を繰り広げるという熱血作品。月刊コロコロコミックで1985年から1987年まで連載。作中に出てくる裏技などが実際には存在しないこともあり、信じ込んだ子供達が再現しようと繰り返しプレイしたという。何故かお色気シーンが頻出する。

f:id:KenAkamatsu:20150501033856j:image

(2)「ファミコンロッキー・単行本未掲載回」(100p程度)

コミックス未収録回について、あさいもとゆき先生から直接データを頂いてPDF化。これは貴重!

  1. スターソルジャー全力対決(スターソルジャー)
  2. 迷宮砦の謎(迷宮組曲)
  3. 雪女対決(もえろ!ツインビー&ドラえもん&スターフォース)
  4. たけしからの挑戦状(たけしの挑戦状)
  5. 新人類対決(新人類)
  6. ファミコンの奇跡(マッハライダー)

(3)『スケボーロッキー』(全2巻)

主人公が、例によってあり得ないような必殺技を繰り出し、ライバル達とスケボー勝負を繰り広げるという熱血作品。巻末にスケボー入門も掲載。

f:id:KenAkamatsu:20150501035428j:image

(4)『アクションロッキー』(全1巻)

ファミコンロッキーの続編。アメリカから帰ってきた轟勇気が、またもや大活躍。お色気シーンも倍増。

f:id:KenAkamatsu:20150501040120j:image

(5)『コロコロhobbyコミック』(160p程度)

ミニ四駆が流行った頃に、コロコロコミックのスペシャル等で執筆された、ホビーマンガの読み切り集です。熱血Hobbyとパンチラもあるよ♪

  • ラジコンならぬチョロコンをテーマにしたデビュー作品「マグナム大将」
  • スーパーサーキット友情物語「炎のスーパーサーキット」
  • ファンタジーアクション「聖剣士リュウ」
  • ミニ四駆バトル「走れ!レーサーボーイズ」

f:id:KenAkamatsu:20150516112251j:image

(6)「あさいもとゆき先生(または浅井先生)からのお礼状PDF&病状説明」(直筆ではない)

あさいもとゆき先生(または奥さまの浅井裕先生)から、お礼状と、現在の病状についてご説明があります。ハガキではなく、PDFです。


・・・さてここからは、8000円コースです。5月12日から、R18作品を大幅に増強いたしました!

(7)「ファミコンロッキー・ファミカセ大好き通信」(30p程度)

ファミコンロッキーのミニミニ番外編や、イラスト集のようです。これは非常に貴重!

f:id:KenAkamatsu:20150501040634j:image

(8)『ビッチマミー美奈子』(成人向け・オールカラー17p)

フルカラーの成人向け短編作品。どぎついエロではありません。

f:id:KenAkamatsu:20150501041437j:image

f:id:KenAkamatsu:20150511234810j:image:w150:left(9)『私の保健室へおいで』(成人向け・全1巻)

白夜書房の『アリス倶楽部』でデビューしたのですが、コロコロコミックの連載が決まっていたのでマンガ専門学校時代のペンネーム無月神で描いた短編集です。

しかし絵柄はGペンで力一杯描いてコロコロ臭丸出しで小学舘の担当さんにもすぐバレました。女の子の体型が太ましいですね(汗)。タイトルは清原なつの先生の『私の保健室へおいで』のリスペクトです(汗)(コメント:浅井裕)

f:id:KenAkamatsu:20150511234340j:image:w150:left

(10)『いちごチャンネル』(成人向け・全2巻)

女の子同士のいちゃいちゃや日常マンガです。ハードな要素が全然無くてもエロ漫画雑誌が売れていた時代なので、好きに続けさせてくれたホントによい時代でした。(コメント:浅井裕)

f:id:KenAkamatsu:20150511234506j:image:w150:left(11)『きまぐれショートカット』(成人向け・全1巻)

『ベッピン』連載作品。3人組女の子のだらだらした日常マンガです。グラビア誌なのでアンケートに関係なく好きに描かせてもらい楽しかったけど、版形がデカくて絵がスカスカにならないよう苦労した記憶があります。(コメント:浅井裕)

f:id:KenAkamatsu:20150511234728j:image:w150:left(12)『微・少女図鑑』(成人向け・全2巻)

ワニマガジン社『ヤングHIP』連載作品。読み切り連載で毎回ネタを考えるのが楽しかった思い出があります。西武線作家が多く、石神井公園駅で数人の作家さんと担当に渡してました。ハードな作品中の、箸休め的マンガ担当でした。(コメント:浅井裕)

f:id:KenAkamatsu:20150511234125j:image:w150:right(13)『LOVE2 ラッキーガール』(成人向け・全1巻)

ソフトな近親相姦モノ。双子ネタが好きで何作も描いています。だいたい女子の性格が鈍感で『こんな奴はいね〜。』と突っ込み入れてました。

練馬から茨城に引っ越して作画してましたが、近所に上手いアシスタントさんが見つかりラッキー!と思い、ラッキーガールというタイトルにしました。(コメント:浅井裕)

f:id:KenAkamatsu:20150511234301j:image:w150:right(14)『「猫耳」にお願い』(成人向け・全1巻)

『タッチ』や『750ライダー』に憧れて喫茶店を舞台に描きました。

のんびりしたマスターがいるカフェじゃなくて喫茶店。たぶん当時、猫耳が流行っていたんでしょうね。今思うと狐でも良かったかも。(コメント:浅井裕)

f:id:KenAkamatsu:20150511234222j:image:w150:right(15)『最高の関係』(成人向け・全2巻)

これも兄妹モノで、離れて暮らしていた妹と同居してドキドキする話です。なんでラブコメの男子は優柔不断なのか。

この頃凄く忙しく、いつも締め切りギリギリで、宅配の最終便に間に合うか焦りながら描いてました。現在はデータ原稿なのでめっきり宅配営業所に行かなくなりました。(コメント:浅井裕)

f:id:KenAkamatsu:20150511234539j:image:w150:right(16)『つぼみ白書』(成人向け・全1巻)

JCとの恋愛マンガですが、今はロリに厳しくてNGな話もガンガン描かせてもらえた良い時代でした。現在だったら「幼い」「未成熟」「あどけない」もNGワードで変えてくださいと言われてしまいます。(コメント:浅井裕)

f:id:KenAkamatsu:20150501041837j:image:w150:left(17)「カラーイラスト集」(成人向け・20p程度)

過激な着せ替えが楽しめる、フルカラーのイラスト集。成人向け。

(18) オリジナルTシャツ「シルビアが襲ってきた!!」

ファミコンロッキーで最も有名な裏技、「人質であるはずのシルビアが、24周目まで行くと逆に襲ってくる」という名シーンをTシャツ化してお届けします!*9

f:id:KenAkamatsu:20150524231027j:image

Tシャツ正面はこの絵柄!「シ、シルビアがおそってきたーっ!!」

f:id:KenAkamatsu:20150501042728j:image

そしてTシャツ裏面は、「いけー!!」「おお!キックの猛連打でシルビアが画面のはしにおしつけられたーっ!!」

f:id:KenAkamatsu:20150501044158j:image

このTシャツを着て歩くと、すれ違うときに「シ、シルビアが!(笑)」と目を見張り、振り向いて背中を見ると、主人公が勝っているという・・・・(笑)

f:id:KenAkamatsu:20150524234601j:image

f:id:KenAkamatsu:20150524225904j:image

(※デザインは仮のものです)

(19) 浅井裕先生の直筆サイン入り葉書

奥さまの浅井裕先生から、一人一人に直筆サイン葉書を郵送いたします。宛名と住所はJコミが自動で印刷するなど、先生の労力は最低限にまで抑える予定です。*10


・・・さてここからは、上限5人までの4万円コースです。

f:id:KenAkamatsu:20150517150518j:image:w200:right(20) 購入者の注文で、好きなキャラのカラーイラストを1枚描きおろす

本来、義援JコミFANディングでは「描き下ろし」作業を禁止しています。治療の方に専念して欲しいからです。

しかしあさいもとゆき先生の場合、右手は全く問題無いため、以前と同じ作業出来ます*11。そこで、イラスト5枚だけOKとさせて頂きました。

キャラやゲーム場面など、何でも好きなシーンをリクエストして、描いていただいて結構です。

CG塗りではなく、「イラストボードまたは色紙にコピック塗り」という一点モノですので、コレクション性は高いと思われます。また、成人向けの依頼もOKです。クオリティ重視で、納期は一ヶ月ほど見て頂ければと思います。


■ スタート時間:5月1日(金)の20時より

  • 募集期間は1ヶ月です。
  • 商品の引渡しはいずれも6月1日以降となります。
  • クレジットカードが無い場合は、コンビニで買えるビットキャッシュをご利用下さい。
  • 申し込みには、あらかじめ「会員登録」(※無料)して、Jコミにログインしておくことが必要です。
  • Jコミの手数料は0%です。クレジットカードの手数料とグッズ製作費以外は全額があさいもとゆき先生に渡ります。

■ 今回だけの特別な機能

  • いつもと違って、今回はお一人様につき、何口でも追加支援が可能です。
  • 何口買っても、もらえるPDFは1セットです。ただし、Tシャツだけは、申し込んだ口数だけ郵送されます。
  • 目標額(100%)を超えても締め切らず、続けて受け付けします。
  • 購入者のハンドルネームと「購入口数」が表示され、購入者が自分の支援額をアピールできます。
  • 1回購入した後、何度でも追加購入できます。また、3000円コースと8000円コースの同時購入も可能です。
  • その都度、先生への応援メッセージに追記(編集)できます。

*1:漫画家志望者向きのメイキングとなっています。

*2:どんな機種にでもコピーして、自由に閲覧できます。

*3:購入者のメールアドレスなどの個人情報を薄く刻印しておき、Winnyに流すなどの行為を防ぐ仕組み。

*4:数量によっては、それなりの日数をいただきます。

*5:治療に専念して欲しいからです。

*6:ただし4万円コースだけは一人一口限定とします。

*7:どんな機種にでもコピーして、自由に閲覧できます。

*8:購入者のメールアドレスなどの個人情報を薄く刻印しておき、Winnyに流すなどの行為を防ぐ仕組み。

*9:・・・ちなみに、この裏技は実際には存在しません!(><)

*10:数量によっては、それなりの日数をいただきます。場合によっては、あさいもとゆき先生がサインを書かれる場合もあるかもしれません。

*11:逆に歩行が難ありで杖がないと危ないため、かえって部屋にいて作業していた方が良いくらいだとのこと。

2015-04-30

【復帰支援FANディング】ガン闘病中の中垣慶先生と、 脳梗塞でリハビリ中のあさいもとゆき先生について

Jコミではこれまで、脳出血で倒れた「海明寺裕」先生や、ガンが再発した「くりた陸」先生の支援を目的とした、特別なJコミFANディングを開催してきました。(※JコミFANディングって何?)

先月も『妖狐×僕SS』などで知られる藤原ここあ先生が亡くなったばかりですが、最近は若くして倒れる漫画家さんが非常に多くて、何とかしなければと感じています。

・・・そして今回また、大変つらいお知らせをしなければなりません。

f:id:KenAkamatsu:20150430051317j:image:w100:left『スラップスティック・ミルキィ先生』などで知られる中垣慶先生ですが、昨年の夏に初期ガンが見つかり、現在抗ガン剤で治療中です。この後切除手術、そして放射線治療に入るとのこと。画業も講師の仕事もお休み中です。(参照:中垣慶先生のブログ

f:id:KenAkamatsu:20150430051345j:image:w100:leftさらに先月、『ファミコンロッキー』などで知られるあさいもとゆき先生の奥さまから、

>昨年末に、夫のあさいもとゆきが脳梗塞で倒れてしまいました。

>その後遺症で右半身が麻痺してしまい現在リハビリ中です。

とのメールが届きました。

奥さま(=同じく漫画家の浅井裕先生)にお電話差し上げたところ、本当に予期せぬことで、ショックの余り何ヶ月かふさぎ込んでいたとのことです。(参照:「病状コラム闘病マンガ」

しかし今回、中垣慶先生は「治るガン」なのだそうです。

また、あさいもとゆき先生は右半身麻痺ですが、利き腕が主に「左」でした。

そして両先生共に、漫画界復帰のために頑張っておられるのです。Jコミとしては、これは復帰支援策でお助けしなければならないでしょう!!

こういった義援的なJコミFANディングは、前述したように海明寺裕先生とくりた陸先生の2例があります。その時はそれぞれ数百名もの温かい支援を受け、リハビリ費用として大きな貢献をすることができました。(海明寺先生の収益くりた先生の収益

・・・そこで今回は、「復帰支援FANディング」と名付けて、2名同時開催とさせて頂きたいと思います。

(※現在開催中です。5月31日の23時59分まで! 場所は http://www.zeppan.com


【「中垣慶・復帰支援FANディング」について 】

f:id:KenAkamatsu:20150430192640j:image

★ 目的

  • 中垣慶先生の過去作品を使って「JコミFANディング」を行い、目標額180万円と応援メッセージを集め、先生にお渡しする。
  • 今回特別に出版社から許可された「スラップスティック・ミルキィ先生」も含めて、Wikipediaに載っている中垣先生の「全作品を網羅したPDFコレクション」にする。

★ 期間

  • 5月1日(金)の20時よりスタート。
  • 1ヶ月間(5月31日まで)募集。

★ 今回だけの特別な機能

  • 1人で何口でも購入可能。*1
  • 目標額(100%)を超えても締め切らず、続けて受け付け可能。
  • 購入者のハンドルネームと「購入口数」が表示され、購入者が自分の支援額をアピールできる。
  • 1回購入した後、何度でも追加購入できる。また、コースを混ぜて購入できる。
  • その都度、先生への応援メッセージに追記(編集)できる。

以下が、今回用意したコースです。

【復帰支援FANディング1】 中垣慶PDFセット

★ 2000円コース(目標100名だが上限なし):01〜10までが貰える。

★ 7000円コース(目標200名だが上限なし):01〜17までが貰える。

★40000円コース(上限5名まで)        :01〜18までが貰える。

−−−

(1) PDF版 『お願いアルカナ』(全5巻)

(2) PDF版 『General Contractor BUDDY998』(全3巻+豪華特典*2

(3) PDF版 『TOGETHER!』(全2巻)

(4) PDF版 『紅の故星』(全1巻・カラーページ差し替え版)

(5) PDF版 『ラディカルR&Y』(全1巻)

(6) PDF版 『ラディカルCC』(全2巻)

(7) PDF版 『AM4時までのシンデレラ』(全1巻)

(8) PDF版 『流風』(全1巻)

(9)PDF版・ミニ「カラー画集」

(10)「中垣先生からのお礼状PDF&病状説明」(直筆ではない)

−−−

(11) PDF版 『スラップスティック ミルキィ先生』(全7巻・カラー再現完全版)

(12) PDF版 『風使い銀牙』(シリーズ1&2)

(13) 紙の本で『風使い銀牙』をお届け(全1巻)

(14) PDF版 『狼くん突風』(全1巻)

(15) PDF版 『ミッションII』(全3巻)

(16) PDF版「壁紙・ミルキィ先生のバイク画」など未収録カラー

(17) 「中垣先生からの直筆サイン入り葉書」

−−−

(18) 購入者の注文で、好きなキャラのカラーイラストを1枚描きおろす。


【「あさいもとゆき復帰支援FANディング」について 】

f:id:KenAkamatsu:20150430192703j:image

★ 目的

  • あさいもとゆき先生&浅井裕先生の過去作品を使って「JコミFANディング」を行い、目標額190万円と応援メッセージを集め、先生にお渡しする。
  • 目玉商品は、オリジナルTシャツ「シルビアが襲ってきた!!」です。詳しくは当日。
  • クレジットカードでの支払い=成人ということなので、成人向け作品も入れます。

★ 期間

  • 5月1日(金)の20時よりスタート。
  • 1ヶ月間(5月31日まで)募集。

★ 今回だけの特別な機能

  • 1人で何口でも購入可能。*3
  • 目標額(100%)を超えても締め切らず、続けて受け付け可能。
  • 購入者のハンドルネームと「購入口数」が表示され、購入者が自分の支援額をアピールできる。
  • 1回購入した後、何度でも追加購入できる。また、コースを混ぜて購入できる。
  • その都度、先生への応援メッセージに追記(編集)できる。

以下が、今回用意したコースです。

【復帰支援FANディング2】 あさいもとゆきPDFセット

★ 3000円コース(目標100名だが上限なし):01〜06までが貰える。

★ 8000円コース(目標200名だが上限なし):01〜11までが貰える。

−−−

(1) PDF版 『ファミコンロッキー』(再編集全2巻)

(2) PDF版 「ファミコンロッキー・単行本未掲載回」(100p程度)

(3) PDF版 『スケボーロッキー』(全2巻)

(4) PDF版 『アクションロッキー』(全1巻)

(5) PDF版 『コロコロhobbyコミック』(160p程度)

(6)「あさいもとゆき先生(または浅井先生)からのお礼状PDF&病状説明」(直筆ではない)

−−−

(7) PDF版 「ファミコンロッキー・ファミカセ大好き通信」(30p程度)

(8) PDF版 オールカラー 『ビッチマミー美奈子』(R18)(17p)

(9) PDF版 「カラーイラスト集」(R18)(20p程度)

(10) オリジナルTシャツ「シルビアが襲ってきた!!」

(11) 浅井裕先生の直筆サイン入り葉書


全てのPDFはDRM無しで、電子透かし*4が刻印されています。よって、どんなPCや端末にでも自由にコピーして、いつでも読書することができます。Jコミが潰れようが永遠に関係ありません。(笑)

f:id:KenAkamatsu:20130628123949j:image:w200:right1人一口を購入していただいた場合、それだけで目標額160万円・190万円を達成します。(※例によってJコミの手数料は0%です。)

しかも今回は、いつもと違って「一人何口でも購入可能」となっています。つまりグラフが右端まで伸び切っても、パーセント表示(%)だけは100%を超えてどんどん上がっていくのです。システム上は、数百万円というカウントも可能です。

また、購入者のハンドルネームと口数が公開されるので、「ファンだから10口購入!」などとアピールできます。口先でだけでなく実際に現金が渡るので、そこは誇って良いでしょう。(もちろん、購入口数やハンドルネームを非公開にすることもできます。)

応援メッセージは、先生方に伝わります。そして購入者全員に、先生からの感謝メッセージが届きます。


■ スタート時間:5月1日(金)の20時より

  • 開催場所は絶版マンガ図書館のTOPページです。
  • 商品の引渡しはいずれも6月1日以降となります。
  • 申し込みには、あらかじめ「会員登録」(※無料)して、Jコミにログインしておくことが必要です。
  • 従来までの「クレジットカード(VISA/MASTER)」支払いに加えて、「ビットキャッシュ」が利用できます。コンビニで払える電子マネーの一種です。クレジットカードをお持ちでない方はご利用下さい。

f:id:KenAkamatsu:20110915025256j:image:w100f:id:KenAkamatsu:20130412130046g:image:w250

*1:何口買っても、配信されるPDFは1セットだけです。同じファイルを大量にもらっても困るでしょうし(^^;)。

*2:漫画家志望者向きのメイキングとなっています。

*3:何口買っても、配信されるPDFは1セットだけです。同じファイルを大量にもらっても困るでしょうし(^^;)。

*4:購入者のメールアドレスなどの個人情報を薄く刻印しておき、Winnyに流すなどの行為を防ぐ仕組み。電子透かしを不正に除去すると、著作権の侵害とみなされる(第113条第3項)。