スマートフォン用の表示で見る

赤松健

マンガ

赤松健

あかまつけん

リスト::漫画家

漫画家。本名同じ。

1968年7月5日生まれ、神奈川県出身*1B型

中央大学文学部文学国文学専攻卒業。大学では映画研究会、アニメーション研究会、漫画研究会に掛け持ちして所属。中央大学パンフレットにもその功績は紹介される。

1993年、大学卒業とほぼ同時期に「ひと夏のKIDSゲーム」にて第50回少年マガジン新人賞入選、審査員特別賞を受賞。以後、講談社と専属契約を結び「週刊少年マガジン」および「マガジンSpecial」にて漫画家活動を続ける。

近年の作品ではCD化、アニメ化、ゲーム化などのメディアミックスが多いが、それらのプロデュースに赤松健は殆ど関与していない。*2

オタク向けの要素を備えた作家でありつつも、常に娯楽作品(エンターテイメント)を意識した姿勢が漫画家としての最大の特徴であろう。


週刊連載を抱える漫画家でありながら、「AI Love Network」というwebサイト管理者でもある。毎日更新される日記帳には、一日につき10万程度のアクセスがあったとのこと。

趣味はUltima Online、PCやAV機器のセッティング、LP収集など。エレクトーン6級。妻帯者。

親しい同業者の友人に安西信行有馬啓太郎などがいる。綾永らんは元アシスタント。

久米田康治かってに改蔵」で自作品がネタにされることが多く、その都度自身の日記で喜びの感想を書き、過剰反応しがちなファンの自制を促してもいた。

参考→keyword:久米田の野郎

その後、久米田康治赤松健と同じマガジン誌上で連載(「さよなら絶望先生」)を始めることになるが、その際にも日記でエールを送ったり、ハッパをかけたりしている。

代表作

ラブひな」で平成13年講談社漫画賞少年部門を受賞。

高校時代にゲームプログラマーを経験しており、「パラディン」というPCゲームも製作している(マシン語レベルまで使いこなすプログラマだったらしい)。

2002年にはアニメ陸上防衛隊まおちゃん」の原作を手掛けている。

マンガのアーカイブサイト

海賊版アップロードで作者の収入にならないまま作品が消費されている現状を打破するためとし、2010年に「Jコミ」を開設。絶版となったマンガを無料で掲載し、広告収入を作者に還元する方法で収益を上げている。

Jコミ2015年に「マンガ図書館Z」へと改称、マンガの海賊版アップロードさせ作者の許諾を得て公開するシステムの運用を始めた*3

*1神奈川には一時期住んでいただけで、正確には、生まれが名古屋で育ちが東京。更に、小一から小四までを熊本で過ごしていたとのこと

*2:関連商品の印税も無い

*3新しくなった「マンガ図書館Z」の5つの秘密 〜悪魔を滅ぼす禁断の力〜 - (株)Jコミックテラスの中の人