Hatena::ブログ(Diary)

日々雑事&備考録 (Hatena Blog移行しました) このページをアンテナに追加 Twitter

御用の向きは、TKXまで
tkx.dark あっと gmail.com

2003 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
 | 

2014-09-27

[]Multi Card Reader

B-CAS/mini B-CASが読み込めるカードリーダーを買ってみたので


SCR80


ただ、付属してるドライバーウィルス入りという素晴らしいシロモノなのだ

普通に使う分には Windows標準ドライバー問題ないので

CDはいきなり捨ててOK


ドライバーをいれたいのなら、中身は Realtek RTS5169 なので

Realtekサイトからドライバーを拾ってくれば・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20140927

2014-09-11

[][]UNIX/MS系 改行コード

自分用まとめ


DOS/Windows
CR+LF / \r\n
UNIX
LF / \n


なので、Windows上のテキストファイルLinuxで使う場合には

転送後に

tr -d "\r" < windows.txt > unix.txt

もしくは、vi上で

%s#\r##g
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20140911

2014-09-07

[][]自宅サーバーで rep2

試行インストールしてみたのでメモ


環境は先日構築した SL6.5に対して、パッケージを追加

yum install httpd php php-mbstring


/var/www/html 以下に rep2パッケージを展開


以下省略(ぉい

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20140907

2014-09-06

[]Scientific Linux インストール

6.5を久しぶりにインストールしたのでメモ

といっても、vSphere上の仮想ゲストマシンだけど



相も変わらず極小でインストールして、後でパッケージ追加するスタイル(苦笑

[]Scientific Linux初期設定

ちょいと確認してみたら、今じゃ VMXNET3のドライバーも入ってくれてるんだのう

昔は VMware Toolsいれないとダメだったけど


VMware Toolsのインストール

該当仮想マシン右クリックして、[ゲスト] -> [VMware Toolsのインストール/アップグレード] を選択

# mount /dev/cdrom /mnt
# cp /mnt/VMwareTools-9.4.5-1734305.tar.gz /var/tmp/.
# cd /var/tmp
# tar xvf VMwareTools-9.4.5-1734305.tar.gz
# cd vmware-tools-distrib/
# ./vmware-install.pl

後はデフォルトで叩き込んでいくだけ


インストール終了後は、コピー & 解凍したファイルの削除とアンマウントを実行し

仮想マシン右クリックから、[VMware Toolsのインストールの終了] を選んで、仮想マシン再起動


/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
HWADDR=00:0C:29:00:11:BA
TYPE=Ethernet
#UUID=80f1b4ff-ae2d-467c-b3bc-2772e28068e3
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.0.15
NETMASK=255.255.255.0
USERCTL=no
IPV6INIT=no


/etc/sysconfig/network

NETWORK=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=<hostname>
GATEWAY=192.168.0.1


/etc/resolv.conf

nameserver 192.168.0.1


不要サービスを停止させる

# chkconfig acpid off
# service acpid stop
# chkconfig auditd off
# service auditd stop
# chkconfig blk-availability off
# service blk-availability stop
# chkconfig haldaemon off
# service haldaemon stop
# chkconfig ip6tables off
# service ip6tables stop
# chkconfig iptables off
# service iptables stop
# chkconfig kdump off
# service kdump stop
# chkconfig lvm2-monitor off
# service lvm2-monitor stop
# chkconfig mdmonitor off
# service mdmonitor stop
# chkconfig messagebus off
# service messagebus stop


SELinuxの停止

/etc/selinux/config

SELINUX=disabled


NTPの設定

/etc/ntp.conf

server ntp.jst.mfeed.ad.jp
# chkconfig ntpd on
# service ntpd start


セキュリティ向上の為に、rootログイン不可 & チャレンジアンドレスポンス認証に切替

まずはユーザー作成から

# useradd -u 100 -g 100 -d /home/<ID> <ID>
# passwd <ID>

ユーザー作成後にログインできる事を確認


/etc/ssh/sshd_config

PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no
ChallengeResponseAuthentication yes

sshd再起動

service sshd restart

今のセッションを残したまま新規ログインできるか確認

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/TKX/20140906
 | 
1243976
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト