虎の威を借る狸日記 このページをアンテナに追加

声優&鉄道オタな内科医 信楽狸(しがらきたぬき)が気の向くままに綴ってます。
リンクフリーですので、貼ってやっても(・∀・)イイ!!という奇特な方は大歓迎です。
貼られた場合は事後で構わないので連絡下さい。



2017-02-26 常磐線経由

復旧した相馬〜浜吉田を経由するルートで、下北出張へ。

双葉食堂 08:44

朝イチの特急ひたちで出て、竜田から代行バス

震災後の帰還困難区域を車両で抜けるのは、昨年9月以来の2度目。女川や志津川など、多くを失っても立ち上がろうとする人々の力強さを感じる他の被災地と違い、それすら許してもらえないこの地域を見ると、やりきれない思いを禁じ得ない。

f:id:Tanuki:20170226081730j:image

f:id:Tanuki:20170226081731j:image

竜田から29名、浪江で1人乗って30名とやや混み合って小高に到着。

すぐに開店直後の双葉食堂さんに向かったが、既に相席をお願いされる程の盛況ぶりであった。

喜多方ラーメンをずっとあっさりさせたような、飽きの来ない王道的中華そば。

小さい頃からの常連客に話しかける、創業66年の店の女将さん。一度は散り散りになった人々が、ふるさとで顔を合わせている。

未だひとけの無い家が見られるこの町に、徐々に人間の暮らしが戻りつつあると感じた。

f:id:Tanuki:20170226081728j:image

f:id:Tanuki:20170226081729j:image

f:id:Tanuki:20170226081733j:image

f:id:Tanuki:20170226081734j:image

f:id:Tanuki:20170226081732j:image

相馬〜浜吉田 08:44

腹が満たされた所で歩を進め、復旧区間へ。

坂元あたりは、高台の新駅からかつて駅があったはずの沿岸部の更地を見下ろす構図で、仙石線の野蒜に似ている。

前後の各駅周辺には、これまた内陸移設された商業施設が並ぶ。

そんな地域から人を集め、原ノ町を出た時はガラガラだった列車が、南仙台でほぼ満員となった。

姉戸川温泉 08:44

仙台から新幹線で八戸へ。ここでの接続列車でそのまま野辺地まで行っても、大湊線の列車を1時間程度待つ事になるので、小川原で途中下車して姉戸川温泉へ。

隣接する三沢空港温泉等と似た、淡緑色透明のツルっとした弱アルカリ泉。

上がり湯をしても尚、体がスベスベするので訝しく思っていたが、なんとシャワーから出てくる湯も温泉であった。

200円と極めて良心価格だが、貴重品ロッカーがないのと、最低でもタオルは持って行く(訪問時売り切れており、裏の部屋にある若干タバコ臭いタオルをお借りした。)事には留意が必要。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Tanuki/20170226

2014-07-27 「グラスリップ」舞台探訪

例によって時間ないので、記録残す意味で写真だけ。

ワタリグラススタジオ

続きを読む

三国市街地

三国港駅前に駐車し、列車で1駅移動して町内を散策。

続きを読む

カフェコトノハ

訪問時、たまたまP.A.WORKSの方々が中でお茶していらした。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Tanuki/20140727

2014-05-21

秋月城下 01:14

黒田如水の子、長政の三男・長興を始祖とする城下町は、山裾の静かな里であった。

続きを読む

高千穂 01:29

f:id:Tanuki:20140518103217j:image

阿蘇から高千穂市街地へ入る手前の道の駅にて。九州横断鉄道未開通区間の高森〜高千穂に当たる部分に掘削され、結局列車が走ることはなかったトンネルは、現在焼酎の酒蔵として使われている。


f:id:Tanuki:20140518103430j:image

動いている頃に私が乗る事はできなかった車両。


f:id:Tanuki:20140518105758j:image

しかしその線路の一部区間は、トロッコ列車で駆け抜ける事ができる。


f:id:Tanuki:20140518110632j:image

ゆっくりと勾配を下って行き、


f:id:Tanuki:20140518111227j:image

東洋一の高さを誇る高千穂橋梁へ。


f:id:Tanuki:20140518111339j:image

五ヶ瀬川水面からの高低差は105mだっけか?


f:id:Tanuki:20140518111607j:image

渡りきった所にあるトンネルは、向こうの出口まで3kmあるが、現在調査中で近いうちに通れるようにしたいとの事。


f:id:Tanuki:20140518111931j:image

帰りの列車に手を振る少年


f:id:Tanuki:20140518112901j:image

かつての営業列車は高千穂駅の操車場に。中に入る事もできるが、やはり動いている間に乗りたかった…


f:id:Tanuki:20140518113524j:image

高千穂駅構内には、運行当時の時刻表・運賃表・券売機などが置かれている。


f:id:Tanuki:20140518115104j:image

駅跡から街中を駆け抜け、高千穂神社を経由して、


f:id:Tanuki:20140518121355j:image

f:id:Tanuki:20140518123131j:image

高千穂峡へ。大阪からの団体等も居て、駐車場が大混雑していた。


f:id:Tanuki:20140518133822j:image

くしふる神社の裏手から上がって、高天原遥拝所へ。「遥拝」と言っても木が茂っていて何も見えない。


f:id:Tanuki:20140518140222j:image

天岩戸神社の本殿の裏に、岩戸があるのだが、聖域中の聖域であり、地元の人や神職でさえも立ち入らないとのこと。

その為、崩落したり樹木が繁茂したりして、形がよくわからなくなっている。当然ながら撮影禁止。


f:id:Tanuki:20140518141020j:image

その少し上流の天安河原(神々が合議した場所)は、その場まで行ける。

それにしても、皆さんよくここまで石を積んだものだ。


f:id:Tanuki:20140518145223j:image

天岩戸温泉駐車場から。帰りのフェリーの時間もあるので、明るいうちに帰路に就いた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Tanuki/20140521
参加済&参加予定のイベント

2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年

2012年
2/12 中川かのん starring 東山奈央 1st Concert 2012 Ribbon Revolution @日比谷公会堂



しつこいようですが、リンク募集中です。(っ´▽`)っ
リンク先へはアンテナ「狸の嫁入り」からどうぞ。
Connection: close