スマートフォン用の表示で見る

仙石線

地理

仙石線

せんせきせん

仙石線は、東日本旅客鉄道JR東日本)・日本貨物鉄道JR貨物)の鉄道路線

あおば通駅石巻駅間49.0km(JR東日本)、陸前山下駅石巻港駅間1.8km(JR貨物)。

東北地区のJRでは唯一、直流電化を採用している路線である。

駅名よみ
「えき」は略
接続路線
あおば通駅あおばどおり仙台市地下鉄南北線
仙台駅せんだい東北新幹線秋田新幹線
東北本線常磐線仙台空港線
榴ヶ岡駅つつじがおか-
宮城野原駅みやぎのはら-
陸前原ノ町駅りくぜんはらのまち-
苦竹駅にがたけ-
小鶴新田駅こつるしんでん-
福田町駅ふくだまち-
陸前高砂駅りくぜんたかさご-
中野栄駅なかのさかえ-
多賀城駅たがじょう-
下馬駅げば-
西塩釜駅にししおがま-
本塩釜駅ほんしおがま-
東塩釜駅ひがししおがま-
陸前浜田駅りくぜんはまだ-
松島海岸駅まつしまかいがん-
高城町駅たかぎまち仙石東北ライン(岩切駅方面)
手樽駅てたる-
陸前富山駅りくぜんとみやま-
陸前大塚駅りくぜんおおつか-
東名駅とうな-
野蒜駅のびる-
陸前小野駅りくぜんおの-
鹿妻駅かづま-
矢本駅やもと-
東矢本駅ひがしやもと-
陸前赤井駅りくぜんあかい-
蛇田駅へびた-
石巻あゆみ野駅いしのまきあゆみの-
陸前山下駅りくぜんやました-
石巻駅いしのまき石巻線

車両

直流電化のため、車両は首都圏で使われた中古車両を使用しており、現在は205系(3100番台、4扉4両)が運用しているほか、仙石東北ラインを直通する専用車両として、HB-E210系がある。

ルート

仙台市内(あおば通駅−苦竹駅)で地下区間が存在するが、現路線とは別に、仙石線の前身の宮城電気鉄道が、仙台駅−東七番丁駅(仙台東口駅)間を地下区間として建設した経緯があり、これが、日本で最初に開業した営業用の地下路線である*1

当初計画では、宮城県庁付近を起点とし、東北本線立体交差するために建設されたものであったが、宮城県庁までの延伸は資金難と仙台市電の開業により断念され、1952年には路線短縮により地下区間が廃止となった。

現在の地下化区間は、「JR仙石線連続立体交差事業」において建設され、あおば通駅 - 仙台駅間の新設を伴って、2000年に完成した。


リスト::鉄道路線

*1:日本初の地下鉄である東京地下鉄道(現東京地下鉄銀座線)の開業よりも2年半早い