スマートフォン用の表示で見る

秋田新幹線

地理

秋田新幹線

あきたしんかんせん

1997年盛岡秋田間で開業。山形新幹線に続く、第2のミニ新幹線。2010年まで、走行する車両(「こまち」)の一部*1秋田新幹線車両保有株式会社が所有し、JR東日本が借り受けていたが、この分はJR東日本に有償で譲渡された。

分岐駅である盛岡までは、東北新幹線の列車(通常は八戸行の「はやて」号)と連結して走り、盛岡からは単独で走行する。

盛岡からは在来線に乗入れる形となる。盛岡大曲田沢湖線大曲秋田奥羽本線である。

駅の配線の関係で、大曲駅で列車の進行方向が変わる。座席の向きは長い時間乗ることになる盛岡大曲に合わせてあるので、(自分で座席の向きを変えない限り)大曲秋田は進行方向と逆向きに坐ることになる。なお、開業初日、TVなどの中継が入った際にのみ、秋田で座席を前向きにして発車した。

*1:現在の「こまち」の「14号車」すべてと、1998年以降に秋田新幹線用に増備された編成のすべてを除く。